【裸のランチ】ウィリアム・バロウズ 著/鮎川 信夫 訳

型番 cbbs011
販売価格 1,320円(内税)

SOLD OUT
【内容】
クローネンバーグが映画化したW・バロウズの代表作にして、ケルアックやギンズバーグなどビートニク文学の中でも最高峰作品。麻薬中毒の幻覚や混乱した超現実的イメージが全く前衛的な世界へ誘う。

一九五〇年代に始まる文学運動は、ビート・ジェネレーションを生み出した。ケルアック、ギンズバーグら錚々たる作家たち(ビートニク)の中でも、バロウズ はその先鋭さで極立っている。脈絡のない錯綜した超現実的イメージは、驚くべき実験小説である本書に結実し、ビートニクの最高傑作となった。映画化もされ た名作の待望の文庫化。

***************
著者 : ウィリアム・バロウズ
翻訳:鮎川 信夫
出版社 : 河出書房新社
判型: 15.4 x 10.8 x 1.6 cm
頁数: 373ページ
***************

Your recent history

Recommended

Mobile