【昭和の名短篇(中公文庫)】荒川洋治(編)

型番 cbbs249
販売価格 990円(内税)
購入数

【内容】
昭和・戦後期は、純文学が熱く読まれた。文学が躍動した時代だ――。一九四五年八月から八九年一月までの間に発表された作品から現代詩作家・荒川洋治が名篇を厳選。志賀直哉、高見順から田中小実昌、色川武大まで昭和という時代を彩った全十四篇を発表年代順に収録。戦後文学アンソロジーの決定版。文庫オリジナル。


【目次】
灰色の月/志賀直哉
草のいのちを/高見順
萩のもんかきや/中野重治
橋づくし/三島由紀夫
軍用露語教程/小林勝
水/佐多稲子
おくま嘘歌/深沢七郎
一条の光/耕治人
明治四十二年夏/阿部昭
神馬/竹西寛子
ポロポロ/田中小実昌
泥海/野間宏
葛飾/吉行淳之介
百/色川武大
解説/荒川洋治

【編者について】
荒川洋治
略歴: 一九四九 (昭和二四) 年、福井県生まれ。現代詩作家。早稲田大学第一文学部文芸科を卒業。七五年の詩集『水駅』でH氏賞を受賞。『渡世』で高見順賞、『空中の茱萸』で読売文学賞、『心理』で萩原朔太郎賞、『北山十八間戸』で鮎川信夫賞、評論集『文芸時評という感想』で小林秀雄賞を受賞。エッセイ集に『文学は実学である』など。〇五年、新潮創刊一〇〇周年記念『名短篇』の編集長をつとめた。一七年より、川端康成文学賞選考委員。一九年、恩賜賞・日本芸術院賞を受賞。

***************
編者 : 荒川洋治
出版社 : 中央公論社
ページ数 : 304ページ
版型 : 文庫判
サイズ : 15 × 10.5 x 1.3cm
***************

*この商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズ2冊は同梱可能です。)
その他にもご注文の場合は佐川急便等をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile