【レゴリス/北緯四十三度 (単行本)】(詩集) 林美脉子(著)

型番 cbbs436
販売価格 2,640円(内税)
購入数

【内容】
現代のアポカリプス 絶えなく湧き上がる吃音の烙きごてに喉を塞がれ
解読不能の語の刺青(シヌイェ)が口唇に浮かぶ 
くぐるぐるぶる せめぎのぐ音の苦界に焙られて 
氷雪の大地を這う それが鬼火の正体だった (「冬の鬼火」)

歴史が隠蔽し続けてきた暴力の、加害と被害のメビウス的連鎖をいまここに告発する。
屯田兵の末裔という加害者でありながら、一方でジェンダー的抑圧の被害者という二重性を引き受け、それらの狭間を往還しつつ、人類の暴力の歴史とその本性の暗部をえぐり出す。
加害したのは誰なのか? 
北のトポスから人類の罪科を問う渾身のサーガ。

カバー・扉「屯田兵手牒」
写真=著者

【著者について】
林 美脉子(はやし みおこ)
1942年、北海道滝川市生まれ。
1974年詩集『宙年詩集『撃つ夏』(創映出版)
1982年第八回ケネス・レクスロス詩賞受賞
2011年『宙音』(書肆山田、第四十五回北海道新聞文学賞詩部門本賞受賞)
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

***************
著者 : 林美脉子
出版社 : 思潮社 (2021/9/8)
頁数 : 96ページ
判型 : A5判変型上製
サイズ : 21.6 x 14 × 1.1cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。
※他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便などをお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile