【トゥーサン版 ルバイヤート (単行本)】オマル・ハイヤーム(原著),フランツ・トゥーサン(仏訳),高遠弘美(邦訳)

型番 cbbs403
販売価格 2,860円(内税)
購入数

【内容】
我らなど灰にすぎない 風が来たれば消え去る灰に
生と死と運命の瞑想、薔薇と盃の愉楽

聖書と並ぶ全世界的な古典『ルバイヤート』待望の新訳版。
原作の感覚と感情を見事に伝えることを完璧な技量で成し遂げたと評される、吹きゆく微風のように軽やかな、フランツ・トゥーサンによる大胆かつ流麗なフランス語散文訳版からの初めての邦訳。
全170首を完訳、挿絵も多数収録。

【著者プロフィール】
高遠弘美(タカトオヒロミ)
1952年長野県生まれ。早稲田大学大学院フランス文学専攻博士課程修了。明治大学名誉教授。著訳書に、『乳いろの花の庭から』、『物語 パリの歴史』、プルースト『失われた時を求めて』、ロミ『突飛なるものの歴史』『悪食大全』『乳房の神話学』、ロミ&ジャン・フェクサス『おなら大全』、ジャン・フェクサス『うんち大全』ほか。

オマル・ハイヤーム(オマル・ハイヤーム)
1048−1131。ペルシャの学者・詩人。

フランツ・トゥーサン(フランツトゥーサン)
1879−1955。フランスの東洋学者・作家。
***************
原著 : オマル・ハイヤーム
仏訳 : フランツ・トゥーサン
邦訳 : 高遠弘美
出版社 : 国書刊行会 (2024/2/22)
頁数 : 240ページ
判型 :四六判上製カバー付き
サイズ : 19.4 x 13.7 × 2.15cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。
※他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile