【群像 2024年 01 月号(雑誌)】

型番 cbzn069
販売価格 1,500円(内税)
購入数

【内容】
文×論。

再リニューアル、群像は変容し続けます。

【新連載】
・創作
「Wet Affairs Leaking」阿部和重
「日吉アカデミア一九七六」原武史
・コラボ連載 往復書簡
「「宗教の本質」とは?」釈徹宗×若松英輔

【エッセイ特集】
「休むヒント。」
麻布競馬場/伊沢拓司/石井ゆかり/石田夏穂/岡本仁/角田光代/角幡唯介/くどうれいん/古賀及子/小西康陽/斉藤壮馬/酒井順子/酒寄希望/向坂くじら/佐藤良成/杉本裕孝/高橋久美子/滝口悠生/武田砂鉄/竹田ダニエル/つづ井/年森瑛/永井玲衣/蓮實重彥/平松洋子/藤代泉/古川日出男/星野博美/堀江栞/宮内悠介/宮田愛萌/吉田篤弘

【野間文芸賞・野間文芸新人賞発表】
・第76回野間文芸賞受賞作
「恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ」川上弘美
受賞のことば / 選評(奥泉光/佐伯一麦/多和田葉子/町田康/三浦雅士)
・第45回野間文芸新人賞受賞作
「あなたの燃える左手で」朝比奈秋
「しをかくうま」九段理江
受賞のことば / 選評(小川洋子/川上弘美/高橋源一郎/長嶋有/保坂和志)
・特別対談
「小説、この不確かなもの」川上弘美×宮田毬栄

【『なれのはて』『列』W刊行記念対談】
「いま小説を書くこと」加藤シゲアキ×中村文則

【ロングインタビュー】
「批評=楽しさをもとめて。東浩紀の二十五年」東浩紀、聞き手=大澤聡

【創作】
「名前を呼ぶ」草野理恵子

【批評】
「空海」安藤礼二

【論点】
「ナラティブと言う勿れ——戦時下にスーザン・ソンタグと久能整を想うこと」波戸岡景太

【不定期エッセイ】
「いま、球場にいます」高山羽根子

【本の名刺】
『中井久夫 人と仕事』最相葉月
『トラディション』鈴木涼美
『幻日/木山の話』沼田真佑
『怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ』森合正範

【最終回】
「庭の話」宇野常寛

【連載・書評】
井戸川射子/松浦寿輝/上田岳弘/保坂和志/堀江敏幸/丸山俊一/新田啓子/岩内章太郎/吉岡乾/岩川ありさ/長瀬海/戸谷洋志/福尾匠/松村圭一郎/木下龍也/諏訪部浩一/青葉市子/鎌田裕樹/奈倉有里/百瀬文/東辻賢治郎/三木那由他/穂村弘/くどうれいん/石井ゆかり/山家望/一穂ミチ/中条省平

***************
出版社 : 講談社(2023/12/7)
版型 : A5並製
ページ数 : 500ページ
サイズ: 21 x 14.5 x 2.4 cm
***************

※通販の配送は、この本1冊でしたらクリックポスト(200円)がおすすめです。同程度のサイズでしたら2冊まで同梱可能です。
3冊以上はレターパックプラスや佐川急便をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile