【人殺しは夕方やってきた マルレーン・ハウスホーファー短篇集(単行本)】マルレーン・ハウスホーファー(著),松永美穂(翻訳)

型番 cbbs424
販売価格 2,310円(内税)
購入数

【内容】
山の中でたった一人、壮絶なサバイバル闘争を繰り広げる女性を描いた長篇小説『壁』で、世界を震撼させたマルレーン・ハウスホーファー。
多くのフェミニスト、作家たちに影響を与えた彼女の、知られざる短篇小説名作集がついに邦訳!

西崎憲さん(作家・翻訳家・音楽家・「惑星と口笛」主宰)賞賛!!
「ここが抒情の終着点 先はない
なんというみずみずしさ。本からこぼれだすのは、少女や友達、家や風景、おもしろい夢をみる女性や人を殺してしまった男性たち。永遠は子供の形で現れ、細部は不可知を囁く。マルレーン・ハウスホーファーはドイツ語園で最良最高の抒情を達成した。」

収録作はオーストリアの村で生まれ育ったマルレーン・ハウスホーファーの少女時代を彷彿させる。共に暮らした人々や動物たち……そして、平和な暮らしを一変させる戦争の影。文学ムック「たべるのがおそい」vol.4収録の「さくらんぼ」「雌牛事件」「フォン・ガイエン氏の夜の出逢い」ほか、かなしみにユーモアをまぶした切なく心あたたまる作品集。

【著者について】
マルレーン・ハウスホーファー(Marlen Haushofe)
1920年生まれのオーストリアの作家。ウィーンとグラーツの大学でドイツ文学を学び、夫と二人の子どもとともにシュタイヤーで暮らし、1970年に亡くなった。オーストリア文学史における非常に重要な女性作家の一人とされる。シュニッツラー賞やオーストリア国家賞(文学部門奨励賞)を受賞している。没後、代表作『壁』が世界的に有名になった。

松永美穂(まつなが・みほ)
翻訳家、早稲田大学文学学術院教授。ベルンハルト・シュリンク『朗読者』(新潮社)の翻訳で2000年に毎日出版文化賞特別賞受賞。カトリーン・シェーラー『ヨハンナの電車のたび』(西村書店)で2015年日本絵本大賞翻訳絵本賞受賞。そのほかヘルマン・ヘッセ『車輪の下で』(光文社古典新訳文庫)やインゲボルク・バッハマン『三十歳』(岩波文庫)など。

***************
著者 : マルレーン・ハウスホーファー
翻訳 : 松永美穂
出版社 : 書肆侃侃房 (2024/4/15)
頁数 : 244ページ
判型 : 四六判 上製
サイズ : 19.4 x 13.8 × 1.7cm
***************

※こちらの商品は当店最安のクリックポスト発送で可能です。
※他にもご注文の場合は佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile