【山梔 (ちくま文庫)】野溝七生子(著)

型番 cbbs387
販売価格 1,320円(内税)
購入数

【内容】
「本が読みたい。本が読みたい。本が読みたい。」
「結婚が、そんなに幸福なものだと、思っていらっしゃるんですか。」
少女の挌闘と切望。胸を抉る瑞々しい大正の名篇、ついに復刊。

解説 矢川澄子・山尾悠子

幼く純粋な妹や身を犠牲にする母と姉への愛、暴力をふるう父への愛憎、読書への切なる欲求、古代ギリシャ神話・中世ヨーロッパ伝説への憧憬、海や美しい女への畏敬の念……主人公・阿字子をとりまく家父長制や結婚への圧力など不自由な世界と、葛藤する誇り高く瑞々しい少女の精神

【著者について】
野溝 七生子(のみぞ・なおこ):
1897年、兵庫県生まれ。本作『山梔』は、懸賞小説として応募され入選し、新聞連載後、1926年に春秋社より刊行された。さらに北原白秋主宰「近代風景」や長谷川時雨主宰「女人藝術」などに作品を発表。また東洋大学で教鞭をとり、森鷗外に関する論考などを執筆した。他の著作に『女獣心理』(講談社文芸文庫)、『南天屋敷』(角川書店)、『月影』(青磁社)、『ヌマ叔母さん』(深夜叢書社)、『野溝七生子作品集』(立風書房)、『暖炉 野溝七生子短篇全集』『アルスのノート』『眉輪』(展望社)などがある。1987年没。


***************
著者 : 野溝 七生子
出版社 : 筑摩書房 (2023/12/11)
頁数 : 464ページ
判型 : 文庫判
サイズ : 14.8 x 10.5 × 1.8cm
***************


※こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズなら合わせて2冊まで同梱可)

Your recent history

Recommended

Mobile