【ロシア・アヴァンギャルド――未完の芸術革命 (ちくま学芸文庫)】水野忠夫(著)

型番 cbbs367
販売価格 1,760円(内税)
購入数

【内容】
旧体制に退場を命じる如く登場し、社会主義革命と協調、やがてスターリン体制のなかで終焉を迎えた芸術運動。現代史を体現したその全貌を描く。解説 河村 彩

===
既存の価値観に対する攻撃とともに、ロシアでは20世紀初頭に産み落とされた前衛芸術。1917年の社会主義革命に先行したその活動は、芸術革命に呼応するものとして政治革命に同調し、昂揚する民衆のエネルギーに支えられて、芸術運動を展開してゆく。これがロシア・アヴァンギャルドと呼ばれる運動である。しかしそれはやがて、スターリン体制から「形式主義」として批判され、芸術の論理によらず粛清され抹殺されてゆく。マヤコフスキー、マレーヴィチ、メイエルホリドなど、激しい時代を生きた芸術家たちの活動に光をあて、その再評価の嚆矢となった20世紀美術史の名著。
===

詩、文学、美術、演劇――
革命を先導した芸術運動

===

【目次】
顱匈很拭咾泙--ロシア未来主義とフォルマリズムの成立
1ロシア未来主義の出発 
2立体未来派グループの登場 
3「絵画そのもの」の探求へ 
4詩的言語と絵画の冒険 
5〈モスクワ言語学サークル〉と〈オポヤズ〉 
6方法としての芸術 

鮟酬邀很燭鳩歃--ロシアの赤い宴

鵝匈很拭唹文--レフは何を目指したか
1「レフ」のプログラム 
2「生産主義者」の理論 
3十月革命後の〈オポヤズ〉 
4〈レフ〉の実践 

堯匈很拭咾函匏歃僉咾了--メイエルホリドと演劇の十月
1演劇の十月 
2ビオメハニカ 
3メイエルホリド劇場の命運 

結び--未完の芸術革命
注 

あとがき 
文庫版解説 政治革命に先駆けた芸術革命 河村彩 
ロシア・アヴァンギャルド年譜 1893―1940  

参考文献/ グループ・文集・雑誌・新聞索引 / 人名索引

【著者について】
水野 忠夫(みずの・ただお):1937-2009年。中国吉林市生まれ。早稲田大学文学部露文科卒業、早稲田大学文学部教授を経て、同名誉教授。専攻、20世紀ロシア文学・ロシア文化。著書に『マヤコフスキイ・ノート』『囚われのロシア文学』、訳書に『ロシア・フォルマリズム文学論集1・2』、ショーロホフ『静かなドン』、シクロフスキー『散文の理論』などがある。

***************
著者 : 水野忠夫
出版社 : 筑摩書房 (2023/6/12)
版型 : 文庫判
頁数 : 432ページ
サイズ : 14.8 x 10.5 x 1.7cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト200円)で発送可能です。(同サイズでしたら2冊まで同梱可)
※他にもご注文の場合は、レターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile