【ピエール瀧の23区23時(単行本)】ピエール瀧(著)

型番 cbbs313
販売価格 2,530円(内税)
購入数

【内容】
ピエール瀧が、令和のTOKYOを夜さんぽ。

大の大人が、時に真面目に、時にはしゃぎながら、2年かけて東京全区を踏破する悪ふざけ企画。2012年に刊行された『ピエール瀧の23区23時』が、令和にパワーアップして帰ってきた!
「23時になったら写真を撮る」「100円自販機を見つけたら興味本位で味見する」だけがルール。

夜の23区を1区1区歩いてみたら? 角という角を曲がってみたら?
「無駄こそ宝」が信条のピエール瀧が、無駄足を踏み、時間の無駄をし続け歩いた先に見えてきたものとは?

−深い時間にこそ見えてくる、東京の姿がある。

巻頭カラー24ページを含む、全600ページ! ボリューム満点の一冊!


【目次】
【江東区】オリンピック会場をめぐる、若洲海浜公園で夜釣り
【荒川区】自宅を劇場に? コツ通りからJR貨物の隅田川駅へ
【板橋区】巨大な高島平団地と車両基地の上に建つ都営西台アパート
【豊島区】占い師と一緒に七福神をめぐる
【渋谷区】日本初の億ション・コープオリンピアと芸人と行く広尾・恵比寿
【中央区】老舗画材店、老舗テーラーと銀座の酒場
【新宿区】『全裸監督』原作者と早稲田界隈をめぐる
【千代田区】首相官邸から国会議事堂経由で霞ヶ関へ
【港区】お台場海浜公園周辺
【台東区】上野の動物園協会倉庫から鶯谷を経由し谷中の墓地へ
【大田区】町工場、羽田空港で足湯、大森貝墟の碑
【中野区】散歩アプリを使ってクイズ三昧
【世田谷区】二子玉川から北上し成城学園まで
【北区】飛鳥山公園で花見、川沿いの団地
【足立区】埼玉との区界
【目黒区】各国大使館をめぐる
【墨田区】どじょうを食す、鼠小僧の墓、隅田川沿いを歩く
【文京区】万年筆店、角打ち酒店から東京ドームへ
【品川区】酒場ホッピング
【江戸川区】小岩で他人の思い出探しに便乗
【葛飾区】新小岩からモンチッチ公園を目指す
【練馬区】石神井公園で昆虫採集に挑戦
【杉並区】レンタルスペース4連発

◎巻頭特別グラビアー100円自販機シリーズ、ジャスト23時シリーズ、銅像と瀧シリーズ、遊具と瀧シ

***************
著者 : ピエール瀧
出版社:産業編集センター
版型 : B6判並製
頁数 : 600ページ
サイズ : 18.8 x 13 x 4.6cm
***************

※こちらの商品は厚みが4.6cmという鈍器並みの分厚い本なので、配送方法は必ずレターパックプラス(520円)をお選びください。
※1番お安いクリックポスト(200円)やレターパックライト(370円)ではサイズオーバーで発送できませんのでご注意ください!
他にもご注文の場合は佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile