【百鬼夢幻〜河鍋暁斎 妖怪日誌(新刊「妖幽夢幻」と合わせた限定カバー版)】橋本純(著)

型番 cbbs311
販売価格 2,200円(内税)
購入数

【内容】
★姉妹編「妖幽夢幻〜河鍋暁斎 妖霊日誌」発売記念として、「妖幽夢幻」とデザインを合わせた特別新装カバー版を発売!
(3枚目の画像は旧デザイン)
 
“江戸が、おれの世界が
またひとつ 行っちまう!”

異能の絵師・河鍋暁斎と妖怪たちとの奇妙な交流と冒険を描いた、幻想時代小説!

――――――――――――――――――
江戸末期から明治にかけて活躍した
天才絵師、河鍋暁斎。

こと妖怪画で名を馳せた彼は、
実はその妖怪たちが見えていた?

絵の中から蝶を舞わせ、河童と酒を飲み、
天井画のために龍を写生し、
弟子コンデルとともに旅先で狐火の行方を追う――。

幕末から文明開化へ、江戸の大変動を背景にした
異能の絵師の冒険!
――――――――――――――――――

絵師・河鍋暁斎を軸に、妖怪の潜む幕末&明治の時代を活写した
《百鬼夢幻》連作シリーズ

◎2022/8/29発売!
妖幽夢幻〜河鍋暁斎 妖霊日誌


【著者について】
◎橋本 純(はしもと じゅん)
1963年、群馬県前橋市に生まれる。
模型建築デザイナー、フリーライターを経て、1990年頃よりミリタリーライター、架空戦記系コミックの原作者として活動を開始。1993年、『ト・ロ・ル――二〇〇X年の黙示録』で小説家デビュー。以降、『鶴翼の楯』『波動大戦』などの架空戦記、『黒髪』『家康入神伝』などのホラー、『戦国闘武伝』などの時代小説ほか、幅広いジャンルで活躍。代表作に『百鬼夢幻〜河鍋暁斎 妖怪日誌』(アトリエサード)がある。架空戦記ものの最新作は『超時空イージス戦隊』シリーズ(全3巻、コスミック出版)。

***************
著者 : 橋本 純
発行:アトリエサード
発売 : 書苑新社
版型 : 四六判・カヴァー装
頁数 : 256ページ
サイズ : x x cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。
他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile