【あなたのことが知りたくて:小説集 韓国・フェミニズム・日本 (河出文庫)】チョ・ナムジュ (著),松田青子(著),デュナ(著),西加奈子(著),深緑 野分(著), イ・ラン(著),&8 その他

型番 cbbs309
販売価格 990円(内税)
購入数

【内容】 
べストセラー『82年生まれ、キム・ジヨン』のチョ・ナムジュによる、夫と別れたママ友同士の愛と連帯を描いた「離婚の妖精」をはじめ、人気作家12名の短編小説が勢ぞろい!
「韓国・フェミニズム・日本」というテーマの元に寄稿された、日本&韓国文学の最前線がわかる豪華アンソロジー。

【目次】
チョ・ナムジュ「離婚の妖精」小山内園子/すんみ=訳
松田青子「桑原さんの赤色」
デュナ「追憶虫」斎藤真理子=訳
西加奈子「韓国人の女の子」
ハン・ガン「京都、ファサード」斎藤真理子=訳
深緑野分「ゲンちゃんのこと」
イ・ラン「あなたの能力を見せてください」斎藤真理子=訳
小山田浩子「卵男」
パク・ミンギュ「デウス・エクス・マキナ deus ex machina」斎藤真理子=訳
高山羽根子「名前を忘れた人のこと Unknown Man」
パク・ソルメ「水泳する人」斎藤真理子=訳
星野智幸「モミチョアヨ」
(解説=倉本さおり)

【著者について】
チョ・ナムジュ
1978年ソウル生まれ。2011年に作家デビュー。17年『82年生まれ、キム・ジヨン』で今日の作家賞を受賞。同書は韓国で136万部を、日本語版が23万部を超えるベストセラーとなった。近著に『ミカンの味』等。

松田 青子(まつだ・あおこ)
1979年兵庫県生まれ。作家・翻訳家。2013年『スタッキング可能』でデビュー。21年『おばちゃんたちのいるところ』で世界幻想文学大賞・短編集部門を受賞。近著に、エッセイ『自分で名付ける』等。

デュナ
本名、性別、年齢、経歴不明の覆面作家。ひとりの女性であるという説や3人の共同創作集団であるという説などがある。著書に『平衡錘』等(未邦訳)。韓国科学小説家連帯2代目代表。

西 加奈子(にし・かなこ)
1977年テヘラン生まれ。2004年『あおい』でデビュー。07年『通天閣』で織田作之助賞、 13年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞、15年『サラバ! 』で直木賞を受賞。近著に『夜が明ける』等。

ハン・ガン
1970年光州生まれ。2016年『菜食主義者』でアジア人初の国際ブッカー賞を受賞。著書に『少年が来る』『すべての、白いものたちの』『回復する人間』『引き出しに夕方をしまっておいた』等。

深緑 野分(ふかみどり・のわき)
1983年神奈川県生まれ。2013年に『オーブランの少女』でデビュー。主な作品に『戦場のコックたち』『ベルリンは晴れているか』、近著に『この本を盗む者は』『スタッフロール』。

イ・ラン
1986年ソウル生まれ。シンガーソングライター、エッセイスト、作家、イラストレーター、映像作家。著書に小説『アヒル命名会議』、エッセイ『悲しくてかっこいい人』『話し足りなかった日』等。

小山田 浩子(おやまだ・ひろこ)
1983年広島県生まれ。2010年「工場」で新潮新人賞、単行本『工場』で13年織田作之助賞、14年広島本大賞を受賞。14年「穴」で芥川賞を受賞。著書に『庭』『小島』等。

パク・ミンギュ
1968年蔚山生まれ。2015年『カステラ』が日本翻訳大賞を受賞(ヒョン・ジェフン、斎藤真理子共訳)。著書に『ピンポン』、『ダブル(SIDE A/SIDE B)』等。

高山 羽根子(たかやま・はねこ)
1975年富山県生まれ。2010年「うどんキツネつきの」で創元SF短編賞佳作、16年「太陽の側の島」で林芙美子文学賞大賞、20年「首里の馬」で芥川賞を受賞。著書に『暗闇にレンズ』等。

パク・ソルメ
1985年光州生まれ。2009年に長編小説「ウル」で子音と母音社の新人文学賞を受賞してデビュー。著書に『もう死んでいる十二人の女たちと』等。

星野智幸(ほしの・ともゆき)
1965年ロサンゼルス生まれ。97年「最後の吐息」で文藝賞を受賞。2011年『俺俺』で大江健三郎賞、15年『夜は終わらない』で読売文学賞、18年『焰』で谷崎潤一郎賞を受賞。そ の他の著書に『呪文』等。

斎藤真理子(さいとう・まりこ)
1960年新潟県生まれ。翻訳家。訳書にチョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』、チョン・セラン『フィフティ・ピープル』、チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』、ファン・ジョンウン『年年歳歳』等。

小山内園子(おさない・そのこ)
1969年生まれ。翻訳家。訳書にク・ビョンモ『四隣人の食卓』、カン・ファギル『大丈夫な人』、チョ・ナムジュ『彼女の名前は』(すんみとの共訳)等。

すんみ
1986年釜山生まれ。翻訳家。訳書にキム・グミ『あまりにも真昼の恋愛』、チョン・セラン『屋上で会いましょう』、イ・ミンギョン『私たちにはことばが必要だ』(小山内園子との共訳)等。

***************
著者 : 上記参照
出版社:河出書房新社
版型 : 文庫判
頁数 : 256ページ
サイズ : 14.9 x 10.5 x 1.4cm
***************

※こちらの商品は同サイズ2冊まではクリックポスト(200円)で発送可能です。
他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile