【ファシズムの教室:なぜ集団は暴走するのか】田野大輔(著)

型番 cbss005
販売価格 1,760円(内税)
購入数

当店でお取り扱い中の大好評の無料冊子【BOOKMARK 20号 緊急特集『Books and Wars 戦争を考える』(2022年6月発行)】に掲載、深緑野分さんが紹介されていた本です。
BOOKMARKと併せて是非!

【内容】
気持ちいいから恐ろしい。話題沸騰の入門講義
『現代ビジネス』で76万PVを記録しネットで話題沸騰した「ファシズムの体験学習」を紹介しつつ、ファシズムの仕組みを解説。
ナチスの大衆動員の実態、ヘイトスピーチなど身近な問題も論じる、全く新しい入門書!

★ 推 薦 ★
荻上チキさん(評論家)
それは、過去のものでも、他国の出来事でもない。
ユニークな実験の顛末が、あなたの日常に問いかける。
――ファシズムは、つくれる。
その時あなたは、加担せずにいられるか。

岸 政彦さん(社会学者)
ファシズムの快楽を通じて人間の本質に迫る、「もっともエッジの効いた授業」の記録。

目 次

第1章ヒトラーに従った家畜たち?
第2章なぜ「体験学習」なのか?
第3章ファシズムを体験する
第4章受講生は何を学んだのか?
第5章「体験学習」の舞台裏
第6章ファシズムと現代

コラム
水晶の夜/悪の陳腐さ/ミルグラム実験/ナチ党大会の実態/ナチ体制は全体主義国家なのか?/ホロコースト/青い目、茶色い目/ネット右翼/ヒトラーは社会主義者なのか?

【著者について】
田野大輔(たの・だいすけ)
1970年生まれ。甲南大学文学部教授。専攻は歴史社会学。
著書に、『愛と欲望のナチズム』(講談社選書メチエ)、『魅惑する帝国――政治の美学化とナチズム』(名古屋大学出版会)ほか。

***************
著者 : 田野大輔
出版社:大月書店
版型 : 四六判並製
頁数 : 208ページ
サイズ : 18.8 x 12.8 x 2.5cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。
他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile