【楠勝平コレクション: 山岸凉子と読む (ちくま文庫)(コミック)】楠勝平(著), 山岸凉子(編集)

型番 cbcm091
販売価格 990円(内税)
購入数

【内容】
1960年代後半から70年代初めの騒然とした時代、実験的な漫画を数多く掲載した『ガロ』を舞台に一瞬の閃光を放った知られざる夭折の漫画家・楠勝平。
人の世の儚さや江戸庶民の哀歓を描き、自らの死をも凝視した作家の不朽の名作を、同時代にその息吹にふれ、市井の人々へのあたたかな眼差しに魅了されてきた作家山岸凉子が精選。
初収録作含む名品12品がここに蘇る!

【収録作品】
おせん
梶又衛門

暮六ツ
殿さまとざらざらした味
大部屋
鬼の恋
ふじが咲いた
はぁーはぁーはぁー
やすべえ
ゴセの流れ
彩雪に舞う…

編者解説 山岸凉子

【著者について】
楠 勝平(くすのき・しょうへい)
1944年、東京に生まれる。中学の頃より心臓弁膜症を患う。15歳のとき貸本マンガ「必殺奥義」でデビュー。白土三平、水木しげるらが常連の短編誌『忍法秘話』に作品を発表する一方で、同人グループによる短編誌『破―ブレイク』を刊行。その後、白土三平の赤目プロでアシスタントのかたわら、『ガロ』を中心に『COM』や青年劇画誌に佳作を発表したが、病が悪化。1974年、30歳で逝去。

山岸凉子(やまぎし・りょうこ)
1947年北海道生まれ。69年デビュー後に上京。作品は、東西の神話、バレエ、ホラーなど幅広く、代表作に「アラベスク」「日出処の天子」「テレプシコーラ/舞姫」など。

***************
著者 : 楠勝平
編者 : 山岸凉子
出版社 : 筑摩書房
ページ数 : 352ページ
版型 : 文庫版
サイズ : 15 x 10.5 x 1.7 cm
***************


*この商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズ2冊までは横並びに梱包すればクリックポストで発送可)
その他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile