【怪物 (アルケミスト双書 闇の西洋絵画史〈3〉)】山田五郎(著)

型番 cbss084
販売価格 1,650円(内税)
購入数

敵か味方か、魑魅魍魎の大行進。

大好評シリーズ「アルケミスト双書」から『闇の西洋絵画史』篇が登場!
西洋美術の「闇」の側面を浮かび上がらせる、妖しくも美しい西洋絵画史シリーズ(フルカラー)。
著者は編集者で評論家の〈山田五郎〉。

【内容】
■著者・山田五郎より

西洋絵画には、教科書には載せられない「影の名画」もあれば、逆によく見る名画に「影の意味」が隠されていることもあります。けれども、今日の感覚では不健全と思える表現や寓意も、描かれた背景を知れば納得でき、見え方が変わってくるはずです。
西洋絵画の本質は、その最大の特徴である陰影法と同様に、光のあたる表面だけではなく闇の側面も見ることで、はじめて立体的に浮かび上がってくるのではないでしょうか。

■本シリーズの特徴

・1冊1テーマを詳説

・類をみないユニークな切り口

・1冊あたり約70作品を掲載

・コンパクトで瀟洒な造本

・本物の美術の教養に

・ゲームや漫画他、創作のための資料としても

■シリーズ

*第1期【:黒の闇】篇

〈1〉悪魔
〈2〉魔性
〈3〉怪物
〈4〉髑髏
〈5〉横死

*第2期【:白の闇】篇

〈6〉天使
〈7〉美童
〈8〉聖獣
〈9〉楼閣
〈10〉殉教


■まえがき(〈3〉怪物)

怪という漢字は、何かの兆しとなる怪現象というニュアンスを含みます。
ラテン語で怪物を意味する「monstrum(モンストルム)」も、本来は予兆の意。
人は天変地異への恐怖や期待を、この世に存在しない怪物の姿で表してきたのかもしれません。
予兆に凶兆と吉兆があるように、怪物も害だけではなく益をもたらすことも。
ギリシャやゲルマンの神話には、友好的な怪物も登場します。
キリスト教では異端視されて悪魔の範疇とされ、地獄で亡者を苦しめたり現世で聖者を誘惑したりする役を課される怪物が、どこかユーモラスに描かれるのはそのせいでしょう。

■目次(〈3〉怪物)

◆I キリスト教の怪物

ヒエロニムス・ボス
ピーテル・ブリューゲル1世
ヤン・ファン・エイク
ルーカス・クラーナハ(父)
ヨハネの黙示録
聖アントニウスの誘惑
聖ゲオルギウスと竜

Column
地獄の口
ベヒモスとレヴィアタン

◆II ギリシャ神話の怪物

ヘラクレスの功業
ペルセウスと怪物
獣人
人魚
巨人

Column
怪物セレクション

◆III 画家が幻視した怪物

ウィリアム・ブレイク
オディロン・ルドン
マックス・エルンスト
サルバドール・ダリ

【著者について】
山田五郎(やまだ・ごろう)
1958年、東京都生まれ。編集者・評論家。
東京国立博物館評議員。AHS(英国古時計協会)会員。
上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し、西洋美術史を学ぶ。
卒業後、講談社に入社。『Hot-Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。
現在は時計、西洋美術、街づくりなど幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。
『ぶらぶら美術・博物館』(BS日テレ)、『出没! アド街ック天国』(テレビ東京)など、テレビ・ラジオの出演も多い。
主な著書に『知識ゼロからの西洋絵画入門』『知識ゼロからの西洋絵画史入門』
『知識ゼロからの西洋絵画 困った巨匠対決』『知識ゼロからの近代絵画入門』(以上、幻冬舎)、
『ヘンタイ美術館』(共著・ダイヤモンド社)、『へんな西洋絵画』(講談社)など。


***************
著者 : 山田五郎
出版社 : 創元社
ページ数 : 64ページ
版型 :
サイズ : 14.8 x 1 x 17.5 cm
***************

※このサイズは、クリックポスト(200円)で発送可能です。同サイズでしたら2冊まで同梱できます。(クリックポストは大きさA4厚さ3cmまで)
3冊以上ご注文の際はレターパックプラスや佐川急便をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile