【装丁物語 (中公文庫)】和田 誠 (著)

型番 cbbs169
販売価格 924円(内税)
購入数

【内容】

星新一から村上春樹まで――かくも愉しき装丁今昔

そのデザインの源泉は、幅広い好奇心と書物への愛着。
編集者から依頼を受け、ゲラを読み、絵を描き、文字を配し、
一冊の本を作り上げるプロセスを詳しく紹介。

軽妙な語り口にその人柄がにじむ、和田誠さんの本作りの話。


【著者略歴】 (「BOOK著者紹介情報」より)
和田 誠
1936年生まれ。多摩美術大学卒。77年から「週刊文春」の表紙を担当。グラフィックデザイナー、イラストレーターとして書籍の装画、装丁を数多く手がけた。デザイン、絵画の分野で文藝春秋漫画賞、講談社出版文化賞など受賞多数のほか、翻訳、映画監督、エッセイなど幅広い活動により菊池寛賞を受賞。絵本を含む自著は二百冊を超える。2019年10月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


***************

著者 : 和田 誠
出版社:中央公論新社
版型 : 文庫版
頁数 : 284ページ
サイズ : 15 x 10.7 x 1.2cm

***************

※配送方法は、このサイズは2冊までクリックポスト(200円)で発送可能です。
3冊以上、または他の商品と同梱ご希望の場合は、レターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile