【ジャンキー (河出文庫)】ウィリアム バロウズ (著), 鮎川 信夫 (翻訳)

型番 cbbs129
販売価格 1,320円(内税)
購入数

【内容】
『裸のランチ』によって驚異的な反響を巻き起こしたバロウズの最初の小説。ジャンキーとは回復不能になった麻薬常用者のことで、著者の自伝的色彩が濃い。肉体と精神の間で生の極限を描いた非合法の世界。
「なぜ麻薬常用者になるのか?」―麻薬は快楽の刺激剤ではない、麻薬は生き方なのだ―ギンズバーグの序文といくつかの削除部分を加えた完全版。



***************
著者 : ウィリアム バロウズ
翻訳 : 鮎川 信夫
出版社:河出書房新社
頁数 : 292ページ(ソフトカバー)
サイズ : 14.8 x 10.6 x 1.3 cm
***************

※通販の配送は、このサイズでしたら2冊まで横並びにして梱包すればクリックポスト(200円)で発送可能です。
3冊以上ご注文の際ははレターパックプラス(文庫4冊ぐらいまで)または佐川急便を選んでください。

Your recent history

Recommended

Mobile