【黒死館殺人事件 (河出文庫)】小栗 虫太郎 (著)

型番 cbbs110
販売価格 990円(内税)

SOLD OUT
【内容】
黒死館の当主降矢木算哲博士の自殺後、屋敷住人を血腥い連続殺人事件が襲う。
奇々怪々な殺人事件の謎に、刑事弁護士・法水麟太郎がエンサイクロペディックな学識を駆使して挑む。
江戸川乱歩も絶賛した本邦三大ミステリのひとつ、悪魔学と神秘科学の結晶した、めくるめく一大ペダントリー。

【著者略歴】
小栗 虫太郎
1901年、東京生まれ。推理小説作家、秘境冒険小説作家。京華中学校卒業後、会社員を経て印刷業を始めた後、小説をこころざす。
「完全犯罪」が認められ、探偵小説文壇デビュー。
雑誌『新青年』『オール讀物』『モダン日本』などに異色作・意欲作を発表した。
1946年死去。
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

***************
著者 : 小栗 虫太郎
出版社:河出書房新社
頁数 : 531ページ
梱包サイズ : 15 x 10.8 x 2.4 cm
******************


*配送方法: こちらの商品は1冊でしたらクリックポスト(200円)が一番お安くお送りできます。

Your recent history

Recommended

Mobile