【芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚(単行本)】澤西 祐典 (編集, 翻訳), 柴田 元幸 (編集, 翻訳),その他

Category : BOOKS(本・絵本・漫画・ZINE) , 文学・詩


【内容】
気鋭の研究者と当代随一の翻訳家がタッグを組み、芥川が選んだ「新らしい英米の文芸」を蘇らせる!
旧制高校の英語副読本として編まれたアンソロジー八巻より、二〇の短篇をさらに精選。ポーやスティーヴンソンから本邦初訳の作家まで、芥川自身の作品にもつながる“怪異・幻想”の世界を全て新訳で堪能する。
イェーツやキャロルなどの芥川による翻訳も収録。


【収録作】

「身勝手な巨人」 オスカー・ワイルド(畔柳和代訳)
「追い剥ぎ」 ダンセイニ卿(岸本佐知子訳)
「ショーニーン」 レディ・グレゴリー(岸本佐知子訳)
「天邪鬼」 エドガー・アラン・ポー(柴田元幸訳)
「マークハイム」 R・L・スティーヴンソン(藤井光訳)
「月明かりの道」 アンブローズ・ビアス(澤西祐典訳)
「秦皮の木」 M・R・ジェイムズ(西崎憲訳)
「張りあう幽霊」 ブランダー・マシューズ(柴田元幸訳)
「劇評家たち あるいはアビー劇場の新作」 セント・ジョン・G・アーヴィン(都甲幸治訳)
「林檎」 H・G・ウェルズ(大森望訳)
「不老不死の霊薬」 アーノルド・ベネット(藤井光訳)
「A・V・レイダー」 マックス・ビアボーム(若島正訳)
「スランバブル嬢と閉所恐怖症」 アルジャーノン・ブラックウッド(谷崎由衣訳)
「隔たり」 ヴィンセント・オサリヴァン(柴田元幸訳)
「白大隊」 フランシス・ギルクリスト・ウッド(若島正訳)
「ウィチ通りはどこにあった」 ステイシー・オーモニア(柴田元幸訳)
「大都会で」 ベンジャミン・ローゼンブラッド(畔柳和代訳)
「残り一周」 E・M・グッドマン(森慎一郎訳)
「特別人員」 ハリソン・ローズ(西崎憲訳)
「ささやかな忠義の行い」 アクメット・アブダラー(森慎一郎訳)
 
 芥川龍之介作品より
「春の心臓」 ウィリアム・バトラー・イェーツ(芥川龍之介訳)
「アリス物語(抄)」 ルイス・キャロル(芥川龍之介・菊池寛・共訳)
「馬の脚」 芥川龍之介



【編訳者について】
澤西/祐典
1986年生、作家・別府大学講師・日本近代文化研究者。小説作品に『フラミンゴの村』(すばる文学賞)などがある。研究者としての専門は芥川龍之介

柴田/元幸
1954年生、翻訳家・東京大学名誉教授・米文学者。雑誌『MONKEY』責任編集。数々のエッセイ集や翻訳論などでも知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


***************
著者 : 上記参照
翻訳 : 上記参照
出版社:岩波書店
仕様 : 四六 ・ 並製 ・ カバー (ソフトカバー)
頁数 : 440ページ
梱包サイズ : 19 x 13 x 2.6 cm
******************


*配送方法: こちらの商品は1冊でしたらクリックポスト(200円)がお安くお送りできます。
厚みがギリギリなので簡易包装になります。ご了承下さい。

型番 cbbs096
販売価格

2,860円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Recommend

Top Sellers

Category

Feeds

RSS - ATOM