【琉璃玉の耳輪 (河出文庫)】津原泰水(著),尾崎翠(原案)

型番 cbbs341
販売価格 935円(内税)
購入数

【内容】
三人の娘を探して下さい。手掛かりは、琉璃玉の耳輪を嵌めています――女探偵・岡田明子のもとへ迷い込んだ、奇妙な依頼。原案・尾崎翠、小説・津原泰水。幻の探偵小説がついに刊行!
尾崎翠が遺した幻のシナリオが、毒の様に美しいヴィジュアル・イメージを喚起させる物語となって蘇った---小中千昭(特殊脚本家)

【著者について】
津原 泰水 (ツハラ ヤスミ)
1964年広島市生まれ。青山学院大学卒業。“津原やすみ”名義での活動を経て、97年“津原泰水”名義で『妖都』を発表。著書に『蘆屋家の崩壊』『ブラバン』『バレエ・メカニック』『11』(Twitter文学賞)他多数。

尾崎 翠 (オサキ ミドリ)
1896年鳥取生。女学校時代投稿を始め、故郷で代用教員の後上京。日本女子大在学中「無風帯から」、中退後「第七官界彷徨」等を発表。32年、病のため帰郷し音信を絶つ。のちに再発見されたが執筆を固辞。71年死去

***************
著者 : 津原泰水
原案・尾崎翠
出版社 : 河出書房新社(2013.07.08)
版型 : 文庫判
頁数 : 440ページ
サイズ : 15 x 10.7 x 1.7cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(1度に同サイズ2冊まで同梱可)
それ以上ご注文の場合は、レターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile