【秘密のノーム 新装愛蔵版】ヴィル・ヒュイゲン(著),リーン・ポールトフリート(イラスト),遠藤周作(監訳)/山崎陽子・寺地五一(翻訳)

型番 cbss102
販売価格 1,980円(内税)
購入数

【内容】
かつてノームに関する本を書いたふたりの著者が、突然ノームに呼び出され、ノームの待つ北欧へ。ふたりを待ち受けているものとは? 子供から大人まで家族みんながわくわくドキドキする新たな物語が始まります!

【目次】
ラップランドへの旅
北極圏での新年
シベリアへの旅
帰りの旅

【著者について】

ヴィル・ヒュイゲン(著/文)
オランダのアメルスフォールト生まれ。
内科医であり童話作家。
代表作『ノーム 不思議な小人たち』によって世界的に知られるようになった。

リーン・ポールトフリート(イラスト)
オランダの人気画家。
“野生動物画のバッハ”と呼ばれ、多くの本にイラストを提供。
オランダのティーンゲメーテン島にはリーン・ポールトフリート美術館がある。

遠藤周作(監訳)
作家。慶応大学仏文科卒。
フランス留学を経て、1955年に「白い人」で芥川賞を受賞。
主な作品に『海と毒薬』『沈黙』『イエスの生涯』『侍』『スキャンダル』などがある。

山崎陽子(翻訳)
童話作家、ミュージカル脚本家。立教女学院卒業後、宝塚歌劇団へ。
童話『らくだい天使ペンキイ』をはじめ、絵本『ぼくのはな さいたけど』『うさぎのぴこぴこ』『はりねずみのピックル』、小説『あのう…ですから、タカラヅカ』『“遠藤さんの原っぱ"で遊んだ日』、エッセイ『しあわせは いつも いま』などの著書がある。

寺地五一(テラチゴイチ)(翻訳)
翻訳家、先住民族支援活動家。東京外国語大学英米科・大学院修士課程修了。1978年から2008年まで東京経済大学教員。
以後、先住民族居留地調査やオーストラリア先住民との交流プログラムを実施。
主な翻訳書に『ノーム 不思議な小人たち』(共訳)、『ジョン・F・ケネディはなぜ死んだのか 語り得ないものとの闘い』(共訳)など。

***************
著者 :ヴィル・ヒュイゲン
イラスト : リーン・ポールトフリート
監訳 : 遠藤周作
翻訳 : 山崎陽子/寺地五一
出版社:グラフィック社
版型 : B5変型判
頁数 : 120ページ
サイズ : 26.4 x 18.8 x 1.6cm
***************

※この商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。
他商品同梱ご希望の場合は、おまかせ便や佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile