【国のない男 (中公文庫)】カート・ヴォネガット(著),金原瑞人(翻訳)

型番 cbbs241
販売価格 792円(内税)
購入数

【内容】
人間への絶望と愛情、そしてとびきりのユーモアと皮肉。世界中の読者に愛された、戦後アメリカを代表する作家、ヴォネガット。その遺作となった当エッセイで軽妙に綴られる現代社会批判は、まるで没後十年を経た現在を予見していたかのような鋭さと切実さに満ちている。この世界に生きるわれわれに託された最後の希望の書。

【著者略歴】
ヴォネガット,カート
1922年11月11日アメリカ合衆国、インディアナポリス生まれ。現代アメリカ文学を代表する作家として数々の作品を発表。アイオワ大学創作科での教師時代にはジョン・アーヴィングらを指導した。2005年に遺作となる『国のない男』を刊行後、07年4月11日ニューヨークにて逝去

金原/瑞人
1954年岡山県生まれ。翻訳家、法政大学教授。訳書は小説、児童書、ノンフィクション、絵本など五百点近くにのぼる。日本に「ヤングアダルト(YA)」というジャンルを紹介した。翻訳文学を紹介する小冊子「BOOKMARK」の発行人でもある


***************
著者 : カート・ヴォネガット
翻訳 : 金原瑞人
出版社 : 央公論新社
ページ数 : 198ページ
版型 : 文庫版
サイズ : 15 × 10.6 x 0.9 cm
***************


*この商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズ2冊までは横並びに梱包すればクリックポストで発送可)
その他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile