【世界はいつも】オオクマシュウ(著)

型番 cbzn055
販売価格 550円(内税)
購入数

音楽サイトでシリーズ小説を執筆、その他バンドのインタビュー等の活動もするオオクマシュウさんの自費出版小説が、シークセールにも入荷です!
こちらは2020年に刊行された中編1編と短編2編からなる小説集『世界はいつも』です。

【内容】
『世界はいつも』(2020/5/30第一刷発行)
・世界はいつも(2013年作。酒の席での会話を軸に書いたもの)
・コード(2016年ごろ作。人間がある日突然増殖する社会を書いた短編)
・未明の沙漠で(2014年ごろ作。ceroというバンドの『Orphans』という曲のファンアートとして制作)

++++++++++++++++++
オオクマシュウ

音楽サイトTOTEにて『NOWHERE』というシリーズものの小説を公開中。実在のライブハウスを舞台とするが、登場人物や内容はフィクションという面白い形態の小説シリーズです。馴染みのあるライブハウスが登場すると、細かいディテール描写やライブの臨場感など、その場にいるかのような不思議な感覚になる小説がシリーズで展開されています。是非読んでみてください!
その他、ミュージシャンへのインタビュー記事を書いて公開する、などの活動も!

***************
著者 : オオクマシュウ
装丁/栞 : TACT SATO
ページ数 :263ページ
版型 : 文庫判
サイズ : 14.8 x 10.6 x 1.5 cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズ合計2冊程度同梱できます!)
他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile