【死、欲望、人形 評伝ハンス・ベルメール】ピーター・ウェブ/ロバート・ショート(著), 相馬俊樹(訳)

型番 cbbs227
販売価格 4,950円(内税)
購入数

【内容】
すべてのエロティック表現者に捧ぐ!
フェティッシュな少女人形――痙攣的な美!
ブルトンとバタイユを魅了し、
澁澤龍彥と四谷シモンをとりこにした、
イマージュの極北!
不屈の生涯、本邦初の評伝


「無理なポーズでこちらを向く少女は何も言わない。
ただキュルウ、キュルウと音がするだけ!」
――四谷シモン

父親やナチスなど権威への反逆から人形制作を開始し、ベルリン・ダダの洗礼を受けてシュルレアリスムへ接近。フランスへの亡命、エルンストとの収容所生活、従妹ウルスラ、ウニカ・チュルン、再会を待ち焦がれた双子の娘への愛……。「呪われた芸術家」はいかにして暴力的なまでの「肉体のアナグラム」を懐胎したのか。サドを賛美し、快楽の彼方にエロスとタナトスの合一を夢見た激越なる生と芸術――。
ハンス・ベルメールほど日本でエロティックな文脈で好まれる作家もいない。腹や肩や乳房に丸いジョイントを持つ球体関節人形は、澁澤龍彦の紹介で広く知られるようになり、四谷シモンもその雑誌記事を読んで球体関節人形の制作を決意。その後も数々の人形作家、バタイユやサドの挿絵エッチングから銅版画家に影響を与え、そのフォロワーの裾野は舞踏、マンガ、映画へと広がり続ける。ゴスロリブーム、押井守監督『攻殻機動隊2 イノセンス』など、そのさかのぼった先にベルメールがいる。
晩年のベルメールをはじめ、多くの関係者の証言から浮かびあがる不屈の生涯。ファン待望の本邦初評伝! カラー口絵16頁を添えて、約350点の充実の図版。愛蔵の美麗筒函入。

はじめに
序/新版への序/日本語版序
第1章 ドイツ 1902-1933
第2章 人形 1933-1934
第3章 ベルメールとシュルレアリスム 1933-1938
第4章 人形の遊び 1934-1938
第5章 パリ 1938-1939
第6章 南仏 1939-1945
第7章 イマージュの解剖学 1939-1949
第8章 南仏 1945-1949
第9章 パリ 1949-1955
第10章 パリ 1955-1975
おわりに
謝辞
訳者解説
ハンス・ベルメール略年譜
索引/掲載図版リスト/参考文献

【著者について】
ピーター・ウェブ
1941年生まれ。ケンブリッジ大学、ロンドン大学卒業。「ベルメールの生涯と作品」でイースト・アングリア大学の博士号を取得。1970年代〜80年代を通じて、英国内及び海外の大学で「エロティック・アート」の講座を担当。主な著書に『エロティック・アート』(1975)、『デヴィッド・ホックニーの肖像』(1988)、『スフィンクス——レオノール・フィニの生涯とアート』(2009)など。

ロバート・ショート 
1938年生まれ。サセックス大学卒業。1960年代前半に5年間パリに滞在しシュルレアリスムを研究。アンドレ・ブルトンのグループと交流。ハル大学、またイースト・アングリア大学ヨーロッパ研究学科で講義にあたった。1960年代〜80年代初頭に「シュルレアリスムの夕べ」を開催、また1960年代〜70年代に映画監督として活躍。主な著書に『シュルレアリスム——永遠の真実』(ロジャー・カーディナルと共著、1971)、『パウル・クレー』(1979)、『ダダとシュルレアリスム』(1980)、『黄金時代——シュルレアリスムの映画』(2004)など。

相馬俊樹 (ソウマトシキ)
1965年生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科美学美術史専攻卒業。美術評論家。東西のエロティックアートを広く紹介。『エロティック・アートと秘教主義』(エディシオン・トレヴィル)、『アナムネシスの光芒へ——幻景綺論』(芸術新聞社)、『禁断異系の美術館』シリーズ 銑(書苑新社)、『魔淫の迷宮——日本のエロティック・アート作家たち(ポット出版)ほか。

***************
著者 : ピーター・ウェブ/ロバート・ショート
翻訳 : 相馬俊樹
出版社:国書刊行会
版型 : A5判
頁数 : 448ページ
サイズ : 21.8 × 15.6 × 3 cm
***************

※配送方法:この商品は厚み3cmあるのでレターパックプラス(520円)での発送が最安値です。

Your recent history

Recommended

Mobile