【マルペルチュイ: ジャン・レー/ジョン・フランダース怪奇幻想作品集 】ジャン・レー/ジョン・フランダース(著) 
岩本和子/井内千紗/白田由樹/原野葉子/松原冬二(訳)

型番 cbbs219
販売価格 5,060円(内税)
購入数

【内容】
《ベルギー幻想派の最高峰》
ジャン・レー/ジョン・フランダースの決定版作品集!

現代ゴシック・ファンタジーの最高傑作『マルペルチュイ』待望の新訳に加えて、ほとんどの収録作が初訳となる、幻の本邦初紹介短篇集2冊、枠物語的怪奇譚集『恐怖の輪』とJ・フランダース名義の幻想SF小説集『四次元』を収録。

飽くなき生への歓喜と病的でグロテスクな想像力を混淆させ、幻怪で濃密な文体によって独自の世界を創造した、作者絶頂期の精華を集大成。

***

【収録作】
『マルペルチュイ 不思議な家の物語』 Malpertuis: Histoire d’une maison fantastique
大伯父カッサーヴの奇妙な遺言に従い、莫大な遺産の相続と引き換えに〈マルペルチュイ〉館に住まうこととなった一族の者たち。
幽囚のごとき彼らが享楽と色恋に耽る一方、屋敷の暗闇には奇怪な存在がひそかに蠢き、やがて、住人たちが消える不可解な事件が立て続けに起こる。
一族の若き青年ジャン=ジャックはこの呪われた館を探索し、襲い来る幾重もの怖ろしい出来事の果てに、カッサーヴの末裔たちが抱える驚くべき秘密と真実に辿り着く……
満を持して新訳となる、ジャン・レーの代表作にして、『ゴーメンガースト』『アルゴールの城』に比肩する現代ゴシック・ファンタジーの最高傑作。

『恐怖の輪 リュリュに語る怖いお話』 Les Cercles de l’épouvante
中世騎士の義手が引き起こす怪、ディー博士の魔術道具の呪い、怪鳥ヴュルクとの凄絶な戦い……
幾重もの恐怖の輪が環をなす、収録11篇中10篇が本邦初訳の、父が愛娘に語る枠物語的怪奇譚集。

『四次元 幻想物語集』 Vierde Dimensie: fantastiche verhalen
自動人形に宿った死刑囚の魂の怪、顕微鏡の中に現れた小さな老人の化物、奇妙な逃亡呪術を用いる殺人犯を追う刑事……
収録全16篇が本邦初紹介となる、ジョン・フランダース名義のオランダ語怪奇幻想・SF・ミステリ短篇集。

***

装幀:坂野公一(welle design)
装画:ジャン・デルヴィル「メドゥーサ」(1893)
扉画:フェルナン・クノップフ「ブリュージュにて――正門」(1904頃)

著者について
ジャン・レー/ジョン・フランダース (ジャン・レー/ジョン・フランダース)
Jean Ray/John Flanders
1887年、ベルギー王国ヘント生まれ。本名レーモン・ジャン・マリ・ド・クレメール。市の職員として勤める傍ら雑誌に作品を投稿、1919年からはジャーナリスト、作家に身を投じる。1925年にラヴクラフト風の短篇「パウケンシュラーガー博士の異常な研究」を含む『ウイスキー奇譚集』を出版して世に認められるようになる。
現代ゴシック・ファンタジーの最高傑作『マルペルチュイ』(1943)をはじめ、中・短篇集『夜の主』(1942)『恐怖の輪』(1943)『新カンタベリー物語』(1944)『幽霊の書』(1947)、《ハリー・ディクソン》シリーズなど、怪奇幻想・SF・探偵小説の分野で数々の作品を残す。
ジャン・レーをはじめ多くのペンネームを用いたフランス語での創作の他、オランダ語作品も主にジョン・フランダース名義で多数執筆。
飽くなき生への歓喜と病的でグロテスクな想像力を混淆させ、幻怪で濃密な文体によって独自の世界を創造し、《ベルギー幻想派》の最高峰と目されている。
1964年逝去。
死後、その功績を讃えて「ジャン・レー文学賞」が創設された。

目次
ジャン・レー名義作品】
『マルペルチュイ 不思議な家の物語』(岩本和子訳)
  執筆者紹介 序文および解説に代えて
 序章
  アナカルシスが見たもの
 第一部 アレクタ
  第一章 カッサーヴ伯父の死
  第二章 マルペルチュイの屋敷
  第三章 ソロモンの雅歌
  第四章 バリーズ河岸の家
  第五章 デイドロー退場……ナンシー退場……チーク退場……
  第六章 クリスマスの悪夢
 挿入章
  神々の捕獲
 第二部 ウリアル
  第七章 マルペルチュイの呼び声
  第八章 ランプを消す者
  第九章 聖燭祭の夜
  第十章 ドゥースダム神父が語る……
  第十一章 三月十五日
  第十二章 アイゼンゴットが語る
 終章
  テルミヌス神

『恐怖の輪 リュリュに語る怖いお話』(白田由樹・原野葉子・松原冬二訳)
 はじめに――輪
 ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンの手
 ムスティエ焼の皿
 マーリーヴェック墓地
 最後の旅人
 悪魔に挑んだ男
 デューラー
 幽霊宿
 ヴュルクの物語
 黒い鏡
 終わりに――輪の外で

【ジョン・フランダース名義作品】
『四次元 幻想物語集』(井内千紗訳)
 空中の手記
 ロボット
 空腹の来訪者
 マチルダ・スミスの目
 深夜の乗客
 幽霊と結婚した男
 海の幽霊
 砂漠の城
 一滴の化け物
 火山から届いたメモ
 地獄の森
 空白の二時間
 生きた炎
 相席
 鏡の中の顔
 鼓動する影


***************
著者 : ジャン・レー/ジョン・フランダース
翻訳 : 岩本和子/井内千紗/白田由樹/原野葉子/松原冬二
出版社:国書刊行会
版型 : A5判上製
頁数 : 532ページ
サイズ : 21.6 × 16 × 4 cm
***************

※配送方法:この商品は厚みが4cmなので、レターパックプラス(520円)でギリギリ発送可能です。
※厚みが4cmあるので一番安いクリックポストでは発送できませんのでご注意ください。
他にもご注文がございましたら「おまかせ便」をお選びください。後ほど送料をお知らせするメールを送信します。

Your recent history

Recommended

Mobile