【ウィトゲンシュタインの愛人】デイヴィッド・マークソン (著), 木原善彦 (翻訳)

型番 cbbs131
販売価格 2,640円(内税)
購入数

【内容】
地上から人が消え、最後の一人として生き残ったケイト。
彼女はアメリカのとある海辺の家で暮らしながら、終末世界での日常生活のこと、日々考えたとりとめのないこと、家族と暮らした過去のこと、生存者を探しながら放置された自動車を乗り継いで世界中の美術館を旅して訪ねたこと、ギリシアを訪ねて神話世界に思いを巡らせたことなどを、タイプライターで書き続ける。
彼女はほぼずっと孤独だった。そして時々、道に伝言を残していた……
ジョイスやベケットの系譜に連なる革新的作家デイヴィッド・マークソンの代表作にして、読む人の心を動揺させ、唯一無二のきらめきを放つ、息をのむほど知的で美しい〈アメリカ実験小説の最高到達点〉。

「とりとめのない、ゆえに豊かな知的連想が、世界が終わった寂寥感と合流する、その独特さ。まさに唯一無二。」
柴田元幸

「地球最後の一人となってタイプを打つ女の物語に読者が共感するのは、書くのも読むのも孤独な営みだからだ。」
若島正

「究極の二十世紀小説は――誰も書かなかったのでデイヴィッド・マークソンが書いたのだが――正気を失った女が浜辺の家に暮らし、日々の出来事や思い出をタイプライターで綴りながら、そこに記された言葉と自分との関係の中にある絶対的本質をつかもうとする、そんな物語だ。」
訳者あとがきより


***************
著者 : デイヴィッド・マークソン
翻訳 : 木原善彦
出版社:国書刊行会
頁数 : 328ページ(ハードカバー)
サイズ : 13.8 x 2.5 x 19.7 cm
***************

※通販の配送は、このサイズでしたらギリギリクリックポスト(200円)で発送可能です。
2冊以上ご注文の際ははレターパックプラスまたは佐川急便を選んでください。

Your recent history

Recommended

Mobile