【猫と: ねこのエッセイアンソロジー (河出文庫)】養老孟司,村山由佳,阿部昭,伊丹十三,池波正太郎,その他全34名(著)

型番 cbbs428
販売価格 935円(内税)
購入数

【内容】
「猫愛」があふれて止まらないエッセイ33篇を精選収録。猫の魅力を余すことなく伝えるこの本は、読んでほっこり、猫がもっと好きになる、きっと猫が飼いたくなる猫アンソロジーの決定版!

【目次】
「言葉」の介在しない世界の魅力(養老孟司)
「四匹のエイリアン」の巻(村山由佳)
猫に名前をつけすぎると(阿部昭)
猫(伊丹十三)
猫(池波正太郎)
風の中の子猫(稲葉真弓)
ビーチの到来(抄)(町田康)
猫、想像力を鍛える(角田光代)
猫の耳の秋風(内田百痢
優しい雌猫(谷村志穂)
一畑薬師(徳大寺有恒)
猫缶と夏の涼(野坂昭如)
魔性の女(森下典子)
猫の親子(中勘助)
仔猫の「トラ」(片山廣子)
猫の引越し ほか二編(大佛次郎)
それでもネコは出かけてく(ハルノ宵子)
うずまき猫の行方(群ようこ)
失猫記(北村太郎)
猫と妻(島尾敏雄)
愛撫(梶井基次郎)
ねこ(谷崎潤一郎)
猫先生の弁(抄)(豊島与志雄)
猫の睡眠と小供(石田孫太郎)
猫の見る夢(吉行理恵)
一匹の猫が二匹になった話(野上弥生子)
猫のピーターのこと、地震のこと、時は休みなく流れる(村上春樹)
季節の中の猫(保坂和志)
猫の墓(夏目漱石)
フツーに死ぬ(佐野洋子)
猫になればいい(吉本隆明)
猫(宮沢賢治)
猫と婆さん(佐藤春夫)
解説 百年の猫を編む(大久保京)

***************
著者 : 上記参照
出版社 : 河出書房新社 (2024/2/6)
頁数 : 256ページ
判型 : 文庫判
サイズ : 14.9 x 10.5 × 1cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。
※他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便などをお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile