【安吾探偵事件帖 (中公文庫)】坂口安吾(著)

型番 cbbs426
販売価格 1,100円(内税)
購入数

【内容】
「文壇随一の探偵小説通」が帝銀事件や下山事件など戦後の難事件を推理し、クリスティー、横溝正史ほか探偵小説を論じる。文庫オリジナル。
〈解説〉川村 湊

安吾探偵登場!
戦後の難事件を推理し、探偵小説を大いに論ず

坂口安吾は「文壇随一の探偵小説通」であり、「不連続殺人事件」「安吾捕物帖」などミステリ作品も手がけた。その一方、自ら「安吾タンテイ」と名乗り、帝銀事件や下山事件など実際の事件について大胆な推理を展開した。本書は、こうした事件評論・裁判傍聴記と、愛好する探偵小説を論じたエッセイを一冊にする。文庫オリジナル。

【著者について】
坂口安吾
一九〇六(明治三九)年新潟市生まれ。東洋大学文学部印度哲学倫理学科卒業後、同人誌『言葉』を創刊。三一年に『青い馬』

***************
著者 : 坂口安吾
出版社 : 中央公論新社 (2024/5/22)
頁数 : 312ページ
判型 : 文庫判
サイズ : 15.1 x 10.5 × 2cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。
※他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便などをお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile