【ナイトランド・クォータリーvol.33】人智を超えたものとの契約(特典ペーパー付き)

型番 cbzn066
販売価格 2,090円(内税)
購入数

シークセールのご近所にお住まいのNLQ編集長・岡和田さんのご厚意により、NLQ定期購読者用の特典ペーパー「ナイトランド・クォータリー・タイムス」Issue.18(コピーですが)を特別にお付けいたします!数量限定です。お早めに!

【内容】
幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》。

vol.33の特集は「人智を超えたものとの契約」。

神であれ、悪魔であれ、それ以外の人ならざるものであれ、
その存在と契約したいと願うのは、
自分ではどうにもならない問いかけを
生きていくために解決したいという思いだろう。

悪魔と契約してでも叶えたい欲望。
神との契約によって得られる安寧。

人智を超えるものとの契約を想像してみる。
そこには、人智を超える恐怖が潜んでいるのかもしれない――

小説はワシントン・アーヴィング、ジョン・メイスフィールド、N・K・ジェミシン、アレクサンダー・レルネット=ホレーニア、マイクル・ムアコック、ウィリアム・ゴイエン、ジョン・ウェブスター、石神茉莉、飯野文彦、花田一三六。

ほかに、デジタルゲーム〈女神転生〉シリーズの原作者としても知られる作家・西谷史インタビュー、ブックガイドなど、コラム記事も満載!

=========
■主な内容
=========
【Story】
■ワシントン・アーヴィング「悪魔とトム・ウォーカー」/訳:待兼音二郎
■ジョン・メイスフィールド「悪魔と老船長」/訳:岡和田晃
■N・K・ジェミシン「レキシントン通りの川岸で」/訳:貝光脩
■アレクサンダー・レルネット=ホレーニア「ランデヴー」/訳:垂野創一郎
■マイクル・ムアコック「深紅の真珠(後編)」/訳:健部伸明
■ウィリアム・ゴイエン「町の上の人影」/訳:菅原慎矢
■石神茉莉「〈サイクル・マージナル〉Have The Luck of The Devil」
■飯野文彦「本の怪」
■花田一三六「不定期連載〈tribute circus〉人の助言を聞かぬ者は」

【Play】
■ジョン・ウェブスター「白い悪魔 第二幕 第二場」/訳:岡和田晃

【Interview】
■西谷史インタビュー「主観的な真実を、フィクションという「客観」で伝える」/聞き手:岡和田晃・岩田恵、構成:岡和田晃

【Movie】
■クローネンバーグの帰還、あるいはアートの怪物の誕生『クライムズ・オブ・ザ・フューチャー』/深泰勉

【Essay】
■巻頭言 /いわためぐみ
■『ファウスト』がはらむ笑いの要素を掘り起こした小西悟訳の魅力/待兼音二郎
■信長と陰陽道/西谷史
■魔神と魔術師の召喚物語〜使役しているのか、それともされているのか〜実在のファウスト博士と魔術書の交点について/健部伸明
■人智を超えたものとの契約、資本主義・ビーダーマイヤー・スペクタクル/岡和田晃
■儚き人間の欲望〜『アラビアンナイト 三千年の願い』&『スペードの女王』/浅尾典彦
■古今お化けと証文の関係/深泰勉
■「契約という悪夢」が魅せる幻覚と現実/深泰勉
■アーサー王伝説 色眼鏡〜騎士道における誓約編/小宮真樹子
■十字路の悪魔を求めて。〜映画『クロスロード』とヴードゥー教の神々/丸屋九兵衛
■悪魔はなぜ契約をするのか?/鈴木一也

【Game】
■ゲームと契約、あるいは美学ある縛りプレイ/徳岡正肇

【Book guide】/岡和田晃
■『現代語訳 信長公記』と『信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』
■濃密な文体の連なりからなる恐怖と、魔術師の成長〜小田雅久仁『禍』/ワイス&ペリン『レイストリン戦記3・4』

***************
著者 : 上記参照
発行 : アトリエサード
出版社 : 書苑新社
版型 : A5並製
ページ数 : 176ページ
サイズ: 21 x 14.8 x 1 cm
***************

※通販の配送は、この本1冊でしたらクリックポスト(200円)がおすすめです。同程度のサイズでしたら2冊まで同梱可能です。
3冊以上はレターパックプラスや佐川急便をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile