【私のイラストレーション史 1960−1980 (ちくま文庫)】南伸坊(著)

型番 cbbs366
販売価格 1,210円(内税)

SOLD OUT
【内容】
和田誠、横尾忠則、水木しげる、つげ義春、赤瀬川原平、湯村輝彦・・・おもしろい、が時代を創ってきた。体験的イラストレーション史。解説 養老孟司

和田誠の「ピース」の広告を見て、「こういう絵を描く人になりたいなあ」と思った少年が、受験にも就職にも失敗しながら、美学校で赤瀬川原平、木村恒久に学び、『ガロ』の編集長を経験しつつ、和田誠、水木しげる、横尾忠則、林静一、佐々木マキ、安西水丸、湯村輝彦、渡辺和博…と出会う。イラストレーションという言葉が全盛だった時代の体験的記録を、ユーモアあふれる文体でつづり、当時の作品を模写した図版を多数収録する。

【目次】
 まえがき

顱‐6から中3まで 1959−1962
  私はデザイナー志望の小学生だった
私はこのようにしてデザイナー志望者となった
「コドモの頃から絵が得意だった」ワケじゃない
小学生が感動した絵のこと
  こんなマンガが好きだった
私のオールタイムベスト『河童の三平』について語ろう
似顔絵とポスターを描いた .
  ニシムラくんの紙のレコード

髻々芸高校と浪人時代 1964−1968
  高校時代、ついに和田誠さんに出会った
  新しい雑誌が新しい才能を用意する
『ガロ』と『話の特集』
おもしろい絵が一番えらい
  つげ義春事件

鵝“学校時代 1969−1970
  美学校(無試験)に入学する
  木村先生の授業
  木村先生に教わったこと
  木村先生の脱線講義
  講義がおもしろかった話
  赤瀬川さんの名講義
  美学校・赤瀬川教場 毎日、おもしろかった‼
  赤瀬川さんは気の合うお兄さんみたいだった

堯 悒ロ』編集者時代 1972−1980
  雑誌『話の特集』の意味
  元祖ヘタうま
  青林堂に入社した
  長井さんはすごい人
  長井さんの人間宣言
  編集者の頃
  アベシンとオージ
  ヘタうまって、大昔からあったって思うんだけど
  渡辺和博とヘタうまイラスト
  水丸さんの発明
  スーパースター・湯村輝彦論
  『ガロ』から生まれたイラストレイター
  続・『ガロ』から生まれたイラストレイター
  私のイラストレーション史はこれで終わりです
         *
  追悼 和田誠さん 「新しい絵」世に播いた種
         *
  解説 「冗談は芸術の尖兵」と確信  養老孟司


【著者について】
南伸坊(みなみ・しんぼう):1947年東京生まれ。東京都立工芸高等学校デザイン科卒業、美学校・木村恒久教場、赤瀬川原平教場に学ぶ。イラストレーター・装丁デザイナー・エッセイスト。雑誌「ガロ」の編集長を経て、フリー。主な著書に『オレって老人?』(ちくま文庫)、『装丁/南伸坊』(フレーベル館)、『ねこはい』(青林工藝舎)、『本人伝説』(文春文庫)、『おじいさんになったね』(海竜社)『くろちゃんとツマと私』(東京書籍)『あっという間』(春陽堂書店)、共著として『いい絵だな』(集英社インターナショナル)などがある。

***************
著者 : 南伸坊
出版社 : 筑摩書房 (2023/6/12)
版型 : 文庫判
頁数 : 320ページ
サイズ : 14.8 x 10.5 x 1.2cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト200円)で発送可能です。(同サイズでしたら2冊まで同梱可)
※他にもご注文の場合は、レターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile