【夏至遺文 トレドの葵(河出文庫)】 塚本邦雄(著)

型番 cbbs359
販売価格 1,155円(内税)
購入数

【内容】
塚本邦雄は短篇小説を「瞬篇小説」と名付けるほど愛し、多くの作品を遺した。その中でも特に名高い瞬篇小説集『夏至遺文』、「虹彩和音」「空?昇天」を含む『トレドの葵』の二冊を収録する。

ときに辛辣、ときに哀切、ときに冷徹、
そうしてつねに美しい、
砂金のような物語。
――皆川博子

さらば。さらば、みじかき夏の光よ――。同じ夢を見続けた二人の男、ハムレット外伝、猫嫌いの男と空色の猫、石榴聖母の下に集う七人の虚々実々、少年の日の花鎮めの一夜、主と美しい奴僕達が迎えた最期。眷恋と別離が交錯する白昼夢へ。言葉の魔術師の神髄、目眩く傑作瞬篇集。

【目次】
●夏至遺文


受難
蠍の巣
異牀同夢
葡萄鎮魂歌
夏至遺文
霞の館
絵空

放生
二の舞
如月の鞭
鷹の羽違ひ
月落ちて
僧帽筋
賓客


●トレドの葵

風鳥座
聴け、雲雀を
トレドの葵
鳥兜鎮魂歌
七星天道虫
無弦琴
凶器開花
虹彩和音
石榴
空蟬昇天
月光変 「魔笛」に寄せて

我が師 塚本邦雄 皆川博子
解説 瞬篇小説という言葉の爆弾 島内景二

【著者について】
塚本邦雄 (ツカモト クニオ)
1920年生まれ。2005年没。歌人。51年、第1歌集『水葬物語』刊行、以後、岡井隆、寺山修司らと前衛短歌運動を展開。現代歌人協会賞、詩歌文学館賞、迢空賞、斎藤茂吉短歌文学賞、現代短歌大賞など受賞。

***************
著者 : 塚本邦雄
出版社 : 河出書房新社(2023.06.06)
版型 : 文庫判 
頁数 : 312ページ
サイズ : 14.8 x 10.6 x 1.7cm
***************

※こちらの商品はクリックポスト200円)で発送可能です。(同サイズでしたら2冊まで同梱可)
※他にもご注文の場合は、レターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile