【愛は愛とて何になる (単行本)】あがた森魚(著),今村守之(著)

型番 cbeo018
販売価格 2,970円(内税)
購入数

【内容】
『赤色エレジー』からの50年を語る

自らのルーツ、名曲に秘めた思い、ミュージシャンたちとのまじわり、そして「愛」と「旅」について、異能のシンガーソングライターが語り尽くす。
2022年で音楽生活50周年--『赤色エレジー』で一世を風靡したあがた森魚が、『赤色エレジー』誕生秘話、そして物議を醸した作曲者問題、「ヴァージンVS」や「雷蔵」、近年の新機軸まで、多彩な活動とその源泉を語る。
矢野顕子、鈴木慶一、三浦光紀、久保田麻琴、松岡正剛、森達也、緒川たまきなど音楽家・あがた森魚を知る人々へのサイドインタビュー、ディスコグラフィー、年表なども完全掲載。9月22日の50周年ライブ(LINE CUBE SHIBUYA・旧渋谷公会堂)当日に発売となるメモリアルブック。

【編集担当からのおすすめ情報】
なぜ『赤色エレジー』は、当時の若者に熱狂を持って迎えられたのか。あがた森魚さん本人へのロングインタビューをはじめ、綿密な周辺取材、徹底した時代背景描写で浮き彫りにします。ファンのみならず、すべての音楽ファンにとって「気づき」をもたらす一冊です。

***************
著者 : あがた森魚/今村守之
出版社 : 小学館
判型 : 四六判上製
サイズ:19.4 × 13.6 × 2.7cm
頁数 : 480ページ
***************

※こちらの商品は、ギリギリクリックポスト(200円)で発送可能です。
他にもご注文の場合は佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile