【王朝奇談集 (ちくま学芸文庫)】須永朝彦(編集,翻訳)

型番 cbbs299
販売価格 1,100円(内税)
購入数

【内容】
『今昔物語集』『古事談』『宇治拾遺物語』などの古典から稀代のアンソロジストが選び、流麗な現代語訳で遺した82編。幻想とユーモアの玉手箱。(解説 金沢英之)

===

海岸に流れ着いた巨人、蹴鞠に精進した人のもとに現れた鞠の精、白狗の妻となった女、吉祥天女像と交わった男、天狗の幻術くらべ、安倍晴明、紫式部、花山天皇、西行法師……、『日本霊験記』『今昔物語集』『宇治拾遺物語』などの代表的な説話集から歴史書『大鏡』、紀行文『海道記』にいたる平安・鎌倉期の17作品から精選された珠玉の82編を収める。ファンタジーにユーモア、時には能芸や和歌を語る奇談の数々は、奇想天外、摩訶不思議、多情多恨、絢爛華麗、抱腹絶倒。稀代のアンソロジストが流麗な現代語訳で遺した美しくも哀れな古典幻想文学の花束をどうぞ!

===

幻想とユーモアの玉手箱
いにしえの古典から厳選した
摩訶不思議な話を現代語訳で

【収録作品】
日本霊異記/景戒 編纂
日本往生極楽記/慶滋保胤 著
大鏡
今昔物語集
成通卿口伝日記/藤原成通 著
唐物語
古事談/源顕兼 編
発心集/鴨長明 編
続古事談
十訓抄
宇治拾遺物語
今物語/藤原信実 編
古今著聞集/橘成季 編
沙石集/無住 作
撰集抄
平家物語
海道記

【著者について】
1946-21年、足利市生まれ。歌人・作家・評論家。71年に評伝『鉄幹と晶子』を、72年に歌集『東方花傳』を上梓。74年発表の『就眠儀式』以来、幻想的で独自な作風の小説を発表、また幻想文学作品集の編集にも多く携わる。著書に『定本須永朝彦歌集』、『悪霊の館』、『天使』、『須永朝彦小説選』(山尾悠子編)など。

***************
著者 : 上記参照
編者 : 須永朝彦
出版社:筑摩書房
版型 : 文庫版
頁数 : 240ページ
サイズ : 15 x 10.7 x 1.1cm
***************

※こちらの商品は、同サイズ2冊までならクリックポスト(200円)で発送可能です。
他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile