【TH No.91「夜、来たるもの〜マジカルな時間のはじまり」 (トーキングヘッズ叢書 No.91) 】

型番 cbzn052
販売価格 1,588円(内税)
購入数

異端・前衛を評価、解題するアート&カルチャー誌「TH Siries(トーキング・ヘッズ叢書)」

【内容】
魔女が集会を開き、吸血鬼が暗躍し、
幽霊や妖怪が姿を現す「夜」。

神は光を生み、天地創造をしたが
光のない闇の部分は夜となり、神の力の届かない領域となった。

「魔」的なものが支配する時間、それが夜なのだ。

夜はいまも闇を伴って、超常的な想像力を喚起し続けている。
そのような「夜」について、さまざまな見地から解題していこう。

=================
■主な内容
=================
■三浦悦子の世界〈25〉[black strawberry BAN]
■まえがき●沙月樹京
■椎木かなえ個展「虚の舞踏」〜闇の中から探り出された「虚」のイメージ
■イヂチアキコ個展〜メランコリックに永遠と真理に思いを馳せる
■マンタム個展「異形とdekadence」〜夜の世界に生息する異形たち
■村上仁美個展「真夏のグロッタ」〜朽ちていくことの摂理と美
■佐藤文音個展「宝石少女」〜満月の夜に秘かに集う宝石少女たちの物語

■神は闇を渡る●鈴木一也
■夜ごとの妖怪〜『稲生物怪録』をめぐって●八本正幸
■夜のストレンジャー〜『にんじん』『ナイトホークス』『悪魔が夜来る』などに描かれた夜の恐怖について●浦野玲子
■ドラキュラにまさる?猝襪琉魔瓠浅尾典彦
■高千穂の夜神楽●相良つつじ

■夜を駆ける子どもたち〜児童文学と少年少女の夜●馬場紀衣
■夜の夢、夜の言葉、夜の手紙●本橋牛乳
■真夜中の女たち〜あるいは夜に少女が出歩くことの奇跡について●梟木
■ルナティック、セレノグラフィの系譜〜A・シェーンベルク、稲垣足穂、勅使川原三郎●並木誠
■蒲団のなかのワンダーランド〜ねつけぬ夜にいくところ●日原雄一

■夜、幻の50年●写真=中村趫
■裸のラリーズという《夜の夢》●岡和田晃

■四方山幻影話51●堀江ケニー/モデル:TJ, RINA
■こやまけんいち絵本館48「夜の旅」●こやまけんいち
■《コミック》 DARK ALICE 42. フェイ●eat
■M氏の暗黒日記V●最合のぼる
■〈写と真実15〉An die Nacht●写真・文=タイナカジュンペイ
■一コマ漫画●岸田尚

■ドイツ表現主義映画が描き出した「夜」●長澤均
■闇夜の境界の向こう側より●軒端蒼一
■妖精たちの長くて短い夜●馬場紀衣

■〈極限〉を目指す夢追い人〜埴谷雄高『闇のなかの黒い馬』試論●黒田誠
■夜から生まれた『百億の昼と千億の夜』〜光瀬龍と萩尾望都●宮野由梨香
■『夜のガスパール』の魔法を精神分析する●藤元登四郎
■『夜のガスパール』でのディジョンと音楽●岡和田晃
■俳句の夜を蠢くもの〜第六回芝不器男俳句新人賞の受賞作家たち●菅原慎矢
■寝惚けた人が見間違えた…のか?〜金縛り・過眠症・夢遊病の科学と非科学●阿澄森羅

■Review
◎シャルル・ノディエ「ノディエ幻想短篇集」●市川純
◎アイザック・アシモフ「夜来たる」●安永桃瀬
◎ギ・ド・モーパッサン「夜」●エスカンド・ジェシ
◎アントニオ・タブッキ「インド夜想曲」●梟木
◎ロラン・バルト「パリの夜」●渡邊利道
◎アーシュラ・K・ル=グウィン「夜の言葉〜ファンタジー・SF論」●前田龍之祐
◎諸星大二郎「オリオンラジオの夜」●水波流
◎頭木弘樹「NHKラジオ深夜便 絶望名言」●日原雄一
◎アナ・リリー・アミールポアー監督「A Girl Walks Home Alone at Night」●さえ
ほか

■辛しみと優しみ49●人形・文=与偶
■立体画家 はが いちようの世界37〜ジュール通りのガラクタ置き場●はが いちよう

■TH RECOMMENDATION
◎日本のタトゥー覚醒に挑むドットワークのカリスマ、トーマス・トーマス108 ●ケロッピー前田
◎3万5千年前、人類最古の彫刻像を見た! 象牙で作られた「ライオン人間」の秘密●ケロッピー前田
◎アンダーグラウンドから噴出したフェティッシュ・カルチャーの破壊力〜『アートにみるフェティシズムとディシプリン』展●ケロッピー前田
◎中央アジアに犲由で開かれた畧こΔ鮓る〜キルギスタン、ウズベキスタン等の映画が語るもの ●友成純一
◎「Dolls供粗靴鳳任覬扮鵑竜憶」〜23人の人形作家の多彩な作品が集う!
◎真木環 個展「叛逆者アリス」〜従来のアリスのイメージを打ち破る
◎林良文個展〜鉛筆と油彩、それぞれのオブセッション
◎「Breath in the End World」〜終わりの見えない世界で、アーティストたちが感じたリアル
◎ミルヨウコ展「Beyond the Time」〜時を超えて、新たな幻想の旅へ
◎羅入個展「増殖する神々」〜圧巻の墨画が導く「根源」
◎日本画家 小妻容子・小妻要追悼原画展「刺青美人」〜伝説の刺青美人画が大阪で初展示
◎人形彫刻家 戸田和子美術館「イノセントの詩」act4 地球の詩・幻獣〜魂感じさせる迫力ある造形
◎ミホリトモヒサ個展「相剋と相生」〜森羅万象の循環を装置で表現
◎林克彦 個展〜クロッキーならではの生命感の表現
◎「Paradise Garden―楽園―」〜多彩な作家が集う現代美人画展
◎映画『龍宮之使』特別上映&トークイベント
◎陰翳逍遥47〜ゲルハルト・リヒター、SOMOS、けずる絵・ひっかく絵、リアル(写実)のゆくえ、疱瘡譚・半世紀●志賀信夫

■TH FLEA MARKET
◎ウクライナより愛をこめて●釣崎清隆
◎カノウナ・メ〜可能な限り、この眼で探求いたします/第48回 女体●加納星也
◎新・バリは映画の宝島/イファ・イスファンシャ、二つの顔を持つ男〜問題作編●友成純一
◎よりぬき[中国語圏]映画日記/「香港に残って生きる」ということ〜『少年たちの時代革命』『アニタ』●小林美恵子
◎ダンス評[2022年3月〜6月]/身体の多様性〜SAIダンスフェスティバル、眇雉、若羽幸平、安本亜佐美、田村興一郎、竹之内淳志、小宮広子●志賀信夫
◎「コミック・アニメ・ゲーム」×ステージ評/薔薇王の葬列、世界から猫が消えたなら、ヲタクに恋は難しい、バケモノの子●高浩美
◎日本のトライバルタトゥーの最高峰、タトゥーアーティスト大島托の『一滴の黒』がついに刊行!●ケロッピー前田
◎「天才は狂気なり」という学説を唱え、犯罪人類学を創始した奇矯な精神病理学者 チェーザレ・ロンブローゾの思想とその系譜〈45〉●村上裕徳
◎山野浩一とその時代(20)/福士康子評価の文脈と、山野浩一の創作教室●岡和田晃
◎オペラなどイラストレビュー●三五千波
◎TH特選品レビュー

■表紙=エドワード・ロバート・ヒューズ 《真夏の夜》 1908年

***************
発行 : アトリエサード
販売 : 書苑新社(しょえんしんしゃ)
ページ数 : 224ページ
版型 : A5判並製
サイズ : 21 x 14.8 x 1.2cm
***************

※配送方法:こちらの商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズ2冊まで同梱可能)
他にもご注文の場合は、レターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile