【私の居る場所 小池真理子怪奇譚傑作選(角川ホラー文庫)】小池真理子(著),東雅夫(編集)

型番 cbbs280
販売価格 792円(内税)
購入数

【内容】
研ぎ澄まされた恐怖と官能の世界。

亡き母が作った精巧なドールハウスに隠されたあることに気づいた瞬間、世界が反転する「坂の上の家」。嫉妬深い夫の束縛に抵抗できない妻の秘密――意外な展開に震撼する「囚われて」。自分以外誰もいない“日常”に迷い込んだ女性の奇妙な心の動きを描く表題作など小説ほか、敬愛する三島由紀夫の美学、軽井沢の森に眠る動物の気配など、生と死に思いを馳せるエッセイを収録。耽美で研ぎ澄まされた恐怖世界に浸れるアンソロジー。

目次

仄暗い廊下の果てに 
優しい既視感
襖の向こう側
幸福の家
坂の上の家
私の居る場所
千年烈日
妖かし
灰色の猫
石榴の木の下
一角獣
囚われて
カーディガン
狂おしい精神
神が降りた
骸たちの静かな気配

著者あとがき 
解説 東雅夫 

収録作品出典一覧 

【著者について】
●小池 真理子:1952年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)、96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に、『二重生活』『無伴奏』『千日のマリア』『モンローが死んだ日』などがある。

●東 雅夫:アンソロジスト、文芸評論家。1958年、神奈川県生まれ。早稲田大学文学部卒。「幻想文学」「幽」の編集長を歴任。『遠野物語と怪談の時代』(角川選書)で第64回日本推理作家協会賞を受賞。著書に『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)ほか、編纂書に『稲生モノノケ大全』(毎日新聞社)、『文豪たちの怪談ライブ』(ちくま文庫)ほか。

***************
著者 : 小池真理子
編集 : 東雅夫
出版社:KADOKAWA
頁数 : 320ページ
版型 : 文庫判
サイズ : 14.9 x 10.5 x 1.2cm
***************

*この商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(2冊同梱できます)
その他にもご注文の場合は佐川急便等をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile