【血の歌】なかにし礼(著)

型番 cbbs271
販売価格 1,430円(内税)
購入数

【内容】
痛ましい歌声が、俺の胸を血まみれにする。

戦争の昂揚と絶望、そして戦後の果てない堕落。兄の人生を見つめたその娘は、「謎の歌手」に生まれ変わった。
代表作『兄弟』の原型にして、いまに鮮烈な未発表作品、なかにし礼の死後1年目に衝撃の単行本化!

【著者について】
なかにし礼(なかにし れい)
一九三八年中国黒龍江省(旧満洲)牡丹江市生まれ。立教大学文学部仏文科卒業。在学中よりシャンソンの訳詩を手がけ、その後、作詩家として活躍。日本レコード大賞、日本作詩大賞ほか多くの音楽賞を受賞する。二〇〇〇年『長崎ぶらぶら節』で直木賞受賞。著書に『兄弟』『赤い月』『天皇と日本国憲法』『平和の申し子たちへ』『生きるということ』『夜の歌』など多数。音盤に『なかにし礼と12人の女優たち』『なかにし礼と75人の名歌手たち』『昭和レジェンド 美空ひばりと石原裕次郎・なかにし礼』などがある。二〇一二年三月、食道がんであることを発表。先進医療の陽子線治療を選択し、がんを克服して仕事復帰。二〇一五年三月、がんの再発を明かして治療を開始。十月、完全奏功の診断を受けたことを公表した。

***************
著者 : なかにし礼
出版社:毎日新聞出版
判型 : 四六判
頁数 : 96ページ
サイズ : 19.5 x 13.6 x 1.3 cm
***************

*この商品はギリギリクリックポスト(200円)で発送可能です。(クリックポストは厚み3cmまで)
その他にもご注文の場合は佐川急便等をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile