【スターメイカー (ちくま文庫)】オラフ・ステープルドン(著),浜口稔(翻訳)

型番 cbbs263
販売価格 1,430円(内税)
購入数

【内容】
宇宙の発生から滅亡までを壮大なスケールで描いた幻想の宇宙誌。1937年の発表以来、各方面に多大な影響を与えてきたSFの古典。全面改訳。

肉体を離脱した主人公は、時間と空間を超え、宇宙の彼方へと探索の旅に出る。訪れた世界で出会った独自の進化を遂げた奇妙な人類と諸文明の興亡、宇宙の生命の生成と流転を、壮大なスケールと驚くべきイマジネーションで描いた幻想の宇宙誌。アーサー・C・クラークやスタニスワフ・レム、J・L・ボルヘスをはじめ多くの作家に絶賛され、多方面に影響を与えてきた伝説の作品を全面改訳で贈る。
冒頭部の比類なき精神的昂揚感と飛翔感、
ついに造物主と対面した際の絶叫するほどの衝撃、
その後の内省から起ち上がる、あまりに静謐な瞑想的神話──
このわずか一冊のなかには、宇宙のすべて、
「わたし」のすべて、未来の光が詰まっている!──瀬名秀明


【著者について】
オラフ・ステープルドン(Olaf Stapledon)
イギリスの作家、哲学者。1886年生まれ。初の著作『現代の倫理学』を発表した翌年、『最後にして最初の人類』(1930)で注目を集め、『スターメイカー』(1937)など、独自の哲学的思弁とヴィジョンに満ちた壮大な宇宙年代記は読書界に衝撃を与えた。他の代表作に『オッド・ジョン』『シリウス』(いずれもハヤカワ文庫)がある。1950年没。

浜口稔(はまぐち・みのる)
1953年沖縄県生まれ。明治大学理工学部教授。著書に『言語機械の普遍幻想』(ひつじ書房)。訳書にO・ステープルドン『最後にして最初の人類』(国書刊行会)、J・ノウルソン『英仏普遍言語計画』(工作舎)、M・H・ニコルソン『ピープスの日記と新科学』(白水社)、P・ルンダ『大図鑑 コードの秘密』(明石書店)などがある。


***************
著者 : オラフ・ステープルドン
翻訳 : 浜口稔
出版社:筑摩書房
頁数 : 438ページ
サイズ : 14.8 x 10.5 x 1.8 cm
***************

*この商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズ2冊程度は同梱できます)
その他にもご注文の場合は佐川急便等をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile