【東海林さだおアンソロジー 人間は哀れである(ちくま文庫)】東海林さだお(著),平松洋子(編)

型番 cbbs246
販売価格 968円(内税)
購入数

【内容】
夫婦のアレから往生際まで……平松洋子が選ぶニンゲンの本質に迫る東海林作品23編。ぷぷぷと笑って、じんわり沁みて、明日が違って見えてくる

偉い人の威厳をはぎ取ってみせる「人間は哀れである」をはじめ、国語辞典の性観念を検証する「青春の辞典」、心ゆくまでというのがいかに困難かを語る「往生際」……斜めから見る世の中の可笑しさに思わずニンマリした後に、東海林流ペーソスがじんわり沁みてくる。最高の読み手・平松洋子が選ぶ、人間への愛おしさと哀切を湛えた23の傑作エッセイ。創作の背景に踏み込んだ著者と編者の対談も。


【著者について】
東海林さだお=1937年東京生まれ。漫画家、エッセイスト。早稲田大学文学部露文科中退。早大漫画研究会草創期のメンバー。文藝春秋漫画賞、講談社エッセイ賞、菊池寛賞、日本漫画家協会賞大賞を受賞。漫画に『新漫画文学全集』『ショージ君』など、長期連載のエッセイに「男の分別学」「あれも食いたいこれも食いたい」など。

平松洋子=1958年、倉敷生まれ。東京女子大学卒業。エッセイスト。食文化、暮らし、本のことをテーマに執筆をしている。『買えない味』でBunkamura ドゥマゴ文学賞受賞。著書に『夜中にジャムを煮る』『平松洋子の台所』『食べる私』『忘れない味』『下着の捨どき』など。


***************
著者 : 東海林さだお
編者 : 平松洋子
出版社 : 筑摩書房
ページ数 : 379ページ
版型 : 文庫判
サイズ : 15 × 10.5 x 1.5cm
***************

*この商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズ2冊は同梱可能です。)
その他にもご注文の場合は佐川急便等をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile