【ナイトランド・クォータリーvol.26】 異教の呼び声/シーベリー・クイン (著),グスタフ・マイリンク(著),他,アトリエサード(編集)

型番 cbzn037
販売価格 1,870円(内税)

SOLD OUT
【内容】
幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》。

vol.26の特集は「異教の呼び声」。

本当の恐怖は、苦しみと癒やしの間に隠れている。
美しいけれど残酷な、過去からの示唆に富んだ祝祭の物語をはじめてみよう。
稀人として見るその物語は、あなた自身の畏怖に答えを出してくれるかもしれない。
〜〜〜

小説は、シーベリー・クイン、グスタフ・マイリンク、グリン・オーウェン・バーラス、リサ・ハネット、ピーター・ローリック、間瀬純子、思緒雄二。
また、健部伸明インタビューをはじめ、
エッセイ、ブックガイドなど満載です!

=========
■主な内容
=========
【Story】
■シーベリー・クイン「東西魔神大合戦」/訳:渡辺健一郎
■グスタフ・マイリンク「アルビノ」/訳:垂野創一郎
■グリン・オーウェン・バーラス「鴉の岩、この世の果て」/訳:徳岡正肇
■リサ・ハネット「戴冠試合」/訳:大和田始
■ピーター・ローリック「キュベレの眼」/訳:待兼音二郎
■間瀬純子「3=1 魂の部屋」
■思緒雄二「生き人形、家出する」

【Interview】
■健部伸明インタビュー 「原典にあたり、これまでにないことを掘り出す」/聞き手=岡和田晃・岩田恵/構成=岡和田晃

【Essay】
■異教の呼び声がもたらすもの/いわためぐみ
■人間の闇を形にする―― T.T.Angie/沙月樹京
■ペイガン&カルトに関するグレッギング〜あるいは、とあるアメリカ非電源ゲームにおける異教徒の概念〜/健部伸明
■怪奇幻想文学としての「異教」と秘密結社、そしてカルト――他者性の位置を問い直すために/岡和田晃
■アリ・アスターが描く内なる狂気と客観が生む狂気/深泰勉
■ミッドサマー、あるいはミンコフスキー・テーマパーク/徳岡正肇
■伏見稲荷から見つめる、現代アメリカ人とペガーナな神々/丸屋九兵衛
■秘教の成立と秘教映画の変遷/深泰勉
■ペイガンの国・日本/鈴木一也
■カルティストになろう!〜新たな不謹慎ゲームとしてのカルト宗教/徳岡正肇
■邪教との対決〜ハマー・フィルムの作品より〜/浅尾典彦
■秘密教団が抱くべきではない卵〜イースターエッグとしてのクトゥルフ/徳岡正肇

【Movie】
■夜闇とディスコミュニケーションのサスペンス――映画『殺人鬼から逃げる夜』/深泰勉

【Serial】
■〈覚えておいて欲しいこと〉第四回/井村君江
  ケルト祭「ゴーゼス・ケルノー」 ──コーンウォールの祭礼──
  シャナヒーの語り ──イエイツの『ケルトの薄明』──
■〈アンソロジーに花束を〉第八回 巧みなゴースト・アンソロジスト/安田均

【Book guide】
■チャールズ・マンソンが示した壮大にして無名の欲望装置/岡和田晃

■表紙/T.T.Angie《Sacrifice(生贄)》


***************
著者 : 上記参照
編集 :
発行 : アトリエサード
出版社 : 書苑新社
版型 : A5並製
ページ数 : 176ページ
サイズ: 21 x 14.8 x 1 cm
***************

※通販の配送は、この本1冊でしたらクリックポスト(200円)がおすすめです。同程度のサイズでしたら2冊まで同梱可能です。
3冊以上はレターパックプラスや佐川急便をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile