【こわい本3 狂乱 (角川ホラー文庫)】楳図かずお (著)

型番 cbcm093
販売価格 968円(内税)
購入数

【内容】
楳図かずおの恐怖短編時代劇の名作を収録。

江戸時代。美しい娘のいる家に小判がふれば娘は殺される――。たたりの原因を調べる親分は何者かに切られ、娘のひとみが犯人を追ううちに、死体の頭に恐ろしい傷のぬいあとがあることに気づく。ひとみの推理が冴える「ふりそで小町捕物控」。
応仁の乱の末期、残虐な領主に家族を殺された鬼丸は、仏師・海慶の彫ほ る不動明王に魅せられ……「人喰い不動」。
室町時代後半。烏山城主・烏山主水之介は能面の蒐集マニアだったが、ついにはこれぞという面を作らせようと、城下に住む能面師・夜叉面のもとを訪れたが、「けがれた気持ちで面はつくれませぬ」と断る夜叉面。怒った主水之介は夜叉面を切り捨ててしまう。夜叉面の孫で弟子の重太郎は、復讐を誓う。美貌の青年に成長した重太郎は面づくりの支度を始め、自らの顔にのみの刃を当て……「肉面」。
他、「復讐鬼人」「木の肌花よめ」「悪夢の数式」を収録。


【収録作品】
ふりそで小町捕物控
人喰い不動
復讐鬼神
肉面
木の肌花嫁
悪夢の数式
楳図かずおのこわ〜い話

***************
著者 : 楳図かずお
出版社 : KADOKAWA
ページ数 : 368ページ
版型 : 文庫版
サイズ : 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
***************


*この商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズ2冊までは横並びに梱包すればクリックポストで発送可)
その他にもご注文の場合はレターパックプラスや佐川急便をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile