【猫語の教科書 (ちくま文庫) 】ポール・ギャリコ(著) , 灰島 かり(翻訳)

型番 cbbs089
販売価格 638円(内税)
購入数

ポール・ギャリコほど猫のことをよく理解している作家はいないと私は思います。
猫への愛情たっぷりの「猫語の教科書」、すべての猫好きさんたちへ(ΦωΦ)!!
スザンヌ・サースさんの素晴らしい写真もたっぷり掲載、そして巻末に大島弓子さんの描き下ろし漫画も付録しております!これがまた・・・(泣)
すべての猫好きへ!オススメ!


【内容】
ある日、編集者のもとへ不思議な原稿が届けられた。文字と記号がいりまじった、暗号のような文章。
“£YE SUK@NT MUWOQ”
相談を受けたポール・ギャリコは、それを解読してもっと驚くはめになる。
原稿はなんと、猫の手になる、全国の猫のためのマニュアルだった。
「快適な生活を確保するために、人間をどうしつけるか」ひょっとしてうちの猫も?

描き下ろしマンガ(大島弓子)も収録。


【著者について】
ポール・ギャリコ Gallico, Paul(1897-1976)
ニューヨーク生れ。スポーツライターを経て作家になる。1941年に発表した『スノーグース』で一躍有名となった。無類の猫好きとしても知られ、猫を主人公とした小説『ジェニィ』は世界中の読者から愛されている。著書は『ポセイドン・アドベンチャー』『雪のひとひら』『ハリスおばさんパリへ行く』『ザ・ロンリー』『まぼろしのトマシーナ』など多数。

灰島かり
翻訳家・白百合女子大学講師。
訳書に「ケルトの白馬/ケルトとローマの息子」(ローズマリー・サトクリフ)「へそまがり昔ばなし」(ロアルド・ダール)「キャベツ姫」(エミール・ル・カイン)他多数。
著書に「絵本をひらく」(編者)「絵本翻訳教室へようこそ」「ラブレターを書こう(小学生のための文章レッスン)など。2016年没。

***************
著者 : ポール・ギャリコ
翻訳 : 灰島 かり
写真 : スザンヌ・サース
出版社:筑摩書房
頁数:206ページ
梱包サイズ : 14.8 x 10.6 x 1 cm
***************


*配送方法: こちらの商品は1冊でしたらクリックポスト(200円)がお安くお送りできます。
他の商品と同梱ご希望でしたらレターパックライトやプラスをお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile