【新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)】中井 英夫 (著)

型番 cbbs087
販売価格 880円(内税)
購入数

【内容】
昭和29年の洞爺丸沈没事故で両親を失った蒼司・紅司兄弟、従弟の藍司らのいる氷沼家に、さらなる不幸が襲う。密室状態の風呂場で紅司が死んだのだ。そして叔父の橙二郎もガスで絶命―殺人、事故?駆け出し歌手・奈々村久生らの推理合戦が始まった。
「推理小説史上の大傑作」が大きい活字で読みやすく。


【著者について】
中井/英夫

1922年、東京・田端に生まれる。東大在学中に吉行淳之介らと第14次「新思潮」を創刊。「短歌研究」「短歌」編集長として中城ふみ子、寺山修司、春日井建らを紹介。’64年、塔晶夫の筆名で『虚無への供物』を刊行、推理小説の墓碑銘とまで絶賛された。その後、『悪夢の骨牌』(泉鏡花文学賞)などの著作で人気を博した。’93年逝去、享年71(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


***************
著者 : 中井 英夫
出版社:講談社
頁数:424ページ
梱包サイズ : 15 x 10.6 x 2 cm
***************


*配送方法: こちらの商品は1冊でしたらクリックポスト(200円)がお安くお送りできます。
他の商品と同梱ご希望でしたらレターパックライトやプラスをお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile