【あやしの繪姿 (TH ART SERIES)】九鬼匡規(著)

型番 cbss107
販売価格 2,200円(内税)
購入数

【内容】
このうえなく美しき妖怪たち

妖艶なるファム・ファタールから、
コケティッシュな愛らしい少女まで、
怪異や妖怪を女性像で描く、九鬼匡規の初画集!!

========

妖怪や怪異をモチーフに「妖怪美人画」を描き続けている九鬼匡規。
おどろおどろしい存在を現代風な美人に置き換え、そこに妖しげな空気感をまとわせる。
怪談では、未知なる存在への恐怖と魅惑が綯い交ぜになっているものだが、九鬼の描く妖怪や怪異もまさに、美貌と艶めかしい仕草で観る者を惑わし、恐れと誘惑の渦に飲み込んで幽界へ誘おうとするものだ。
(ナイトランド・クォータリーvol.23 怪談 (KWAIDAN)掲載の紹介文より)

【著者について】
九鬼匡規 くき・まさちか
3月11日、兵庫県生まれ。
独学にて2016年より活動を始める。和をテーマとし、主に妖怪や怪異を題材にした「妖怪美人画」などを制作中。艶やかでコケティッシュな魅力ある女性像に海外のファンも多く、展示会では完売を続ける人気作家である。2017年より毎年個展「あやしの繪姿」を行ない、2020年12月12日~16日に四度目となる「あやしの繪姿・肆(し)」を東京・かわうそ画廊にて開催。ほか、阪神百貨店画廊「グループLoutle美人画の未来III」・「真夏の夜の夢~怪・怪・妖し~」、「神戸アートマルシェ(2017・2018)」、「ART NAGOYA2019」、「台北アートフェア」、台北西華飯店「One Art 台北 2020」など、国内外のグループ展に多数出品。

***************
著者 : 九鬼匡規
発行:アトリエサード
発売:書苑新社
版型 : A5判・カヴァー装
頁数 : 64ページ
サイズ : 21 x 14.8 x 0.6 cm
***************

※この商品はクリックポスト(200円)で発送可能です。(同サイズ2冊程度同梱可能です。)

Your recent history

Recommended

Mobile