【髑髏 (アルケミスト双書 闇の西洋絵画史〈4〉)】山田五郎(著)

型番 cbss085
販売価格 1,650円(内税)
購入数

死を想え。生を輝かせるために。

大好評シリーズ「アルケミスト双書」から『闇の西洋絵画史』篇が登場!
西洋美術の「闇」の側面を浮かび上がらせる、妖しくも美しい西洋絵画史シリーズ(フルカラー)。
著者は編集者で評論家の〈山田五郎〉。

【内容】
■著者・山田五郎より

西洋絵画には、教科書には載せられない「影の名画」もあれば、逆によく見る名画に「影の意味」が隠されていることもあります。けれども、今日の感覚では不健全と思える表現や寓意も、描かれた背景を知れば納得でき、見え方が変わってくるはずです。
西洋絵画の本質は、その最大の特徴である陰影法と同様に、光のあたる表面だけではなく闇の側面も見ることで、はじめて立体的に浮かび上がってくるのではないでしょうか。

■本シリーズの特徴

・1冊1テーマを詳説

・類をみないユニークな切り口

・1冊あたり約70作品を掲載

・コンパクトで瀟洒な造本

・本物の美術の教養に

・ゲームや漫画他、創作のための資料としても

■シリーズ

*第1期【:黒の闇】篇

〈1〉悪魔
〈2〉魔性
〈3〉怪物
〈4〉髑髏
〈5〉横死

*第2期【:白の闇】篇

〈6〉天使
〈7〉美童
〈8〉聖獣
〈9〉楼閣
〈10〉殉教

■まえがき(〈4〉髑髏)

キリスト教にも、仏教の五蘊皆空(ごうんかいくう)
によく似た教えがあります。

旧約聖書『コヘレトの言葉』(伝道の書)にいう、
「omnia vanitas〔オムニア・
ウァーニタース〕(すべては空しい)」。

古代ローマで凱旋将軍に対して
「勝って兜の緒を締めよ」の意味でいわれた
「memento mori〔メメント・モリ〕(死を想え)」も、
キリスト教社会では地上の栄華や
快楽に溺れることを戒める言葉となりました。
仏教でいえば盛者必衰の教えです。

「ヴァニタス」や「メメント・モリ」を寓意する絵画に
死の象徴として髑髏や骸骨が描かれたのも、
仏画における「野晒し」と同じです。

ただし西洋絵画の表現は、よりリアル。
存在感あふれる髑髏が伝える教訓の
真の意味を読み解いていきましょう。


【著者について】
山田五郎(やまだ・ごろう)
1958年、東京都生まれ。編集者・評論家。
東京国立博物館評議員。AHS(英国古時計協会)会員。
上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し、西洋美術史を学ぶ。
卒業後、講談社に入社。『Hot-Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。
現在は時計、西洋美術、街づくりなど幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。
『ぶらぶら美術・博物館』(BS日テレ)、『出没! アド街ック天国』(テレビ東京)など、テレビ・ラジオの出演も多い。
主な著書に『知識ゼロからの西洋絵画入門』『知識ゼロからの西洋絵画史入門』
『知識ゼロからの西洋絵画 困った巨匠対決』『知識ゼロからの近代絵画入門』(以上、幻冬舎)、
『ヘンタイ美術館』(共著・ダイヤモンド社)、『へんな西洋絵画』(講談社)など。

***************
著者 : 山田五郎
出版社 : 創元社
ページ数 : 64ページ
版型 :
サイズ : 14.8 x 1 x 17.5 cm
***************

※このサイズは、クリックポスト(200円)で発送可能です。同サイズでしたら2冊まで同梱できます。(クリックポストは大きさA4厚さ3cmまで)
3冊以上ご注文の際はレターパックプラスや佐川急便をお選び下さい。

Your recent history

Recommended

Mobile