【無垢の歌】ウィリアム・ブレイク (著), 池澤夏樹 (翻訳), 池澤春菜 (翻訳)

型番 cbbs189
販売価格 1,760円(内税)
購入数

【内容】
最強の本読み父娘がおくる〈ことばの薬〉。初邦訳から90年、名著が新たな輝きとともによみがえる!
こころを癒やす愛の詩集。
解説・池澤夏樹。


昨年、初の共著『ぜんぶ本の話』で話題を呼んだ、声優、エッセイスト・池澤春菜さんと作家・池澤夏樹さん親子。
 
最強の本読みコンビにして、最高の読書案内人・春菜さん&夏樹さん親子のはじめての共訳となる本が、『無垢の歌』です。
 
同書は、18世紀にイギリスで発表され、長く読み継がれてきた、詩人で画家のウィリアム・ブレイク(1757〜1827)の名作詩集。
 
春菜さんは、この本の中にある「優しさ、愛おしさ、明るさや清らかさ、善きものに向かう心をこぼさずすくえるように」訳したそうです。そして、それを「きれいな水」にたとえています。みずみずしい新訳でよみがえったこの詩集には、私たちの心をしずめ、うるおす「きれいな水」のような言葉がつまっています。

【著者について】
●ウイリアム・ブレイク
1757〜1827年。イギリスの詩人・画家。『無垢の歌』『経験の歌』『天国と地獄の結婚』などで知られる。ロマンティックで謎めいたブレイクの文学は、20世紀以降も、オルダス・ハクスリーからアレン・ギンズバーグ、ミュージシャン・ドアーズのジム・モリスンやパティ・スミス、映画監督・ジム・ジャームッシュまで、さまざまな分野の作家たちに影響を与え続けている。日本では、ブレイクの詩をモチーフにした大江健三郎の連作短編集『新しい人よ眼ざめよ』も知られている

***************
著者 : ウィリアム・ブレイク
翻訳 : 池澤夏樹), 池澤春菜
出版社:毎日新聞出版
版型 :
頁数 : 112ページ
サイズ : 19.5 × 12.5 × 1.3cm
***************

※配送方法は、このサイズでしたら横並びで2冊まではクリックポスト(200円)で発送可能です。
3冊以上、または他の商品と同梱ご希望の場合は、レターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile