【ブルースだってただの唄 ─黒人女性の仕事と生活 (ちくま文庫)】藤本和子(著)

型番 cbbs182
販売価格 990円(内税)
購入数

【内容】
1980年代、アメリカに暮らす著者は、黒人女性の聞き書きをしていた。出かけて行って話を聞くのは、刑務所の臨床心理医やテレビ局オーナーなどの働く女たち、街に開かれた刑務所の女たち、アトランタで暮らす104歳の女性…。彼女たちは、黒人や女性に対する差別、困難に遭いながら、仕事をし、考え、話し合い、笑い、生き延びてきた。著者はその話に耳を澄まし、彼女たちの思いを書きとめた。白眉の聞き書きに1篇を増補。
(解説)斎藤真理子

第1章 たたかいなんて、始まってもいない(おれたちはまっ裸よ。それなのに、そのことに気づいてもいないんだ
大声でいうんだ、おまえは黒い、そして誇り高いと
離婚したことが、あたしを支えてきたのよね
わたしはもし自分が五倍くらい黒くなれるなら、どんなことだってすると思ったものだった
じつをいえば、白人がそれほどたいした人たちだと思ったことはなかったのね)

討論 たたかいは終わっただなんて。まだ始まってもいないのに!

第2章 あんた、ブルースなんていったって、ただの唄じゃないか―刑務所から外を見る(刑務所の仕事―臨床心理医としてのジュリエット
女たちの家―刑務所をたずねる
あたしはあたしの主になりたいんだから!―ブレンダの物語
牢獄は出たけれど、わたしの中の牢獄をまだ追い出すことができない―ウィルマの物語)

エピローグ そして、わたしを谷へ行かしめよ―ある黒人女性の百年の生

特別収録 十三のとき、帽子だけ持って家を出たMの話

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卓越した翻訳者である藤本さんは、耳をすますことの達人でもある。
何度この本を開いて、そして撃ち抜かれたことだろう。
黒人の女たちの、生きのびるための英知の言葉に。
そしてそれを引き出し聞き取る、すばらしい耳の仕事に。
――岸本佐知子(翻訳家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黒人女性たちの「たたかい」を描く名著がついに文庫化!
名翻訳者による白眉の聞き書きを増補。
朝日新聞、読売新聞、東京新聞、NHKジャーナルなどで紹介の話題作。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【著者について】
1939年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1967年渡米、ニューヨークの日本領事館に勤務した後、イェール大学のドラマ・スクールで学ぶ。その後、リチャード・ブローティガンの作品をはじめ、多くの翻訳を手がける。著書に『塩を食う女たち』(岩波現代文庫)、『イリノイ遠景近景』『リチャード・ブローティガン』(新潮社)、『砂漠の教室』(河出書房新社)など、訳書にブローティガン『アメリカの鱒釣り』『芝生の復讐』(新潮文庫)、キングストン『チャイナ・メン』(新潮文庫)などがある。

***************

著者 : 藤本和子
出版社:筑摩書房
版型 : 文庫版
頁数 : 320ページ
サイズ :
***************

※配送方法は、このサイズでしたら横並びで2冊まではクリックポスト(200円)で発送可能です。
3冊以上、または他の商品と同梱ご希望の場合は、レターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile