【金色青春譜 ――獅子文六初期小説集 (ちくま文庫)】獅子 文六 (著)

型番 cbbs167
販売価格 968円(内税)
購入数

【内容】

静かなブームを巻き起こす獅子文六の長編デビュー作となった表題作他、雑誌「新青年」で掲載された初期の貴重な作品をまとめた小説集。解説 浜田雄介

獅子文六の長編デビュー作で、魅力的な人物たちが恋とお金をめぐり繰り広げるラブコメディ「金色青春譜」他、「浮世酒場」「楽天公子」と雑誌『新青年』で発表された最初期の長編3作を収録。
同時代の社会、風俗に“恋”“仕事”“家族”“食”を巧みに取り込み、誰もが楽しめる物語に仕立てる獅子文六の魅力が、ここに既に凝縮されている。
その貴重な作品群が遂に文庫で甦る。

【収録作品】
金色青春譜
浮世酒場
楽天公子
出世作のころ

【著者略歴】 (「BOOK著者紹介情報」より)
獅子 文六
1893‐1969年。横浜生まれ。小説家・劇作家・演出家。本名・岩田豊雄。慶應義塾大学文科予科中退。フランスで演劇理論を学び日本の演劇振興に尽力、岸田國士、久保田万太郎らと文学座を結成した。庶民生活の日常をとらえウィットとユーモアに富んだ小説は人気を博し、昭和を代表する作家となる。芸術院賞受賞、文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

***************

著者 : 獅子 文六
出版社:筑摩書房
版型 : 文庫版
頁数 : 426ページ
サイズ : 14.8 x 10.7 x 1.5cm

***************

※配送方法は、このサイズは2冊までクリックポスト(200円)で発送可能です。
3冊以上、または他の商品と同梱ご希望の場合は、レターパックプラスや佐川急便をお選びください。

Your recent history

Recommended

Mobile