【 少女地獄 (角川文庫)】夢野 久作 (著)

Category : BOOKS(本・絵本・漫画・ZINE) , 文学・詩


【内容】

可憐なる美少女”姫草ユリ子”は、すべての患者、いな接触するすべての人間に好意を抱かせる、天才的な看護婦だった。その秘密は、彼女の病的な虚言癖にあった。一つのウソを支えるために、もう一つの新しいウソをつく。無限に増幅されたウソの果ては、もう、虚構世界を完成させるための自殺しかない。そして、その遺言状もまた……。〈夢幻〉の世界を華やかに再現する夢野久作。
書簡体形式で書いた表題作ほか、男女の宿命的断層を妖麗に描いた「女坑主」「童貞」を収める傑作集。

【著者について】

夢野久作(ゆめの きゅうさく)[1889年-1936年]福岡県に生まれる。本名は杉山。幼名は直樹。出家後は泰道(やすみち)。
代表作の「ドグラ・マグラ」は、完成まで10年以上をかけた日本の探偵小説の白眉。奇書という評価もある。書名の意味は定かでない。志願兵として軍隊入隊後、慶應義塾大学に入るも父により中退を余儀なくされる。九州では、夢想家のことを「夢の久作」と呼ぶという。1926年、雑誌『新青年』の懸賞小説に入選。九州を根拠に作品を発表する。「押絵の奇跡」が江戸川乱歩に激賞される。


***************
著者:夢野 久作
出版社:KADOKAWA
判型:文庫 ・ 並製 ・ カバー
梱包サイズ : 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
頁数:288ページ
***************

※通販の配送は、レターパックライト(360円)か定型外をお勧めします。レターパックは厚みが3cm未満でしたら文庫で2冊程度同梱できます。

型番 cbbs065
販売価格

660円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Recommend

Category

Feeds

RSS - ATOM