【トラウマ文学館─ひどすぎるけど無視できない12の物語(ちくま文庫)】頭木 弘樹(編集)

Category : BOOKS(本・絵本・漫画・ZINE) , 文学・詩


【内容】
大好評の『絶望図書館』第2弾! もう思い出したくもないという読書体験が誰にもあるはず。洋の東西、ジャンルを問わずそんなトラウマ作品を結集!

タイトルも作者も思い出せないけど、ずっと忘れられない、ひどすぎる話があって……

トラウマ文学館 ご注意事項
この文学館には、読んだ人の心にトラウマとなって残ってしまい、いまだに噂される、そういう物語ばかりが集めてあります。
どの物語も、読み終えたときに、「ああっ、ひどいものを読んでしまった! 読まなければよかった! 」と思う人が多いでしょう。
読んだことを忘れてしまいたいと思っても、心のどこかにずっと残り続けて、決して本当には忘れられないでしょう。
それどころか、読んだ人の人生に、何かしらの影響を与えてしまうかもしれません。
なぜそんな危険な物語をわざわざ集めたのかというと、これらの物語が描いているのは、まさに犖充〞にほかならないからです。
不意打ちで、ひどい現実にいきなり直面するよりは、まずは物語で知っておいたほうがいいのではないかと思うのです。

______________

第1展示室
「はじめての家族旅行」直野 祥子
「気絶人形」原 民喜

第2展示室
「テレビの受信料とパンツ」李 清俊
「なりかわり」 フィリック・K・ディック

第3展示室
「走る取的」筒井 康隆
「運搬」大江 健三郎

第4展示室
「田舎の善人」フラナリー・オコナー
「絢爛の椅子」深沢 七郎

第5展示室
「不思議な客(「カラマーゾフの兄弟」より)」ドストエフスキー
「野犬」白土 三平

第6展示室
「首懸の松(「吾輩は猫である」より)夏目 漱石
「たき火とアリ」ソルジェニーツィン

喫茶室TRAUMA 番外編


【著者について】
頭木弘樹(かしらぎ・ひろき)
文学紹介者。筑波大学卒業。
大学三年の二十歳のときに難病になり、十三年間の闘病生活を送る。そのときにカフカの言葉が救いとなった経験から、『絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社/新潮文庫)を編訳。
その他の編訳書に『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』(飛鳥新社)。
監修書に『マンガで読む 絶望名人カフカの人生論』平松昭子(飛鳥新社)。
著書に『絶望読書──苦悩の時期、私を救った本』(飛鳥新社)『カフカはなぜ自殺しなかったのか?』(春秋社)がある。
NHK「ラジオ深夜便」の「絶望名言」のコーナーに出演中。



***************
著者(編集):頭木 弘樹
出版社:筑摩書房
判型:文庫 ・ 並製 ・ カバー
頁数:368ページ
***************

型番 cbbs062
販売価格

972円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Recommend

Category

Feeds

RSS - ATOM