【 桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫)】 坂口 安吾 (著)

Category : BOOKS(本・絵本・漫画・ZINE) , 文学・詩


【内容】
桜の森の満開の下は怖ろしい。妖しいばかりに美しい残酷な女は掻き消えて花びらとなり、冷たい虚空がはりつめているばかり―。
女性とは何者か。肉体と魂。男と女。安吾にとってそれを問い続けることは自分を凝視することに他ならなかった。
淫蕩、可憐、遊び、退屈、…。すべてはただ「悲しみ」へと収斂していく。

***************
著者:坂口安吾
出版社:岩波書店
判型:文庫版
梱包サイズ:
頁数:401ページ
***************

型番 cbbs056
販売価格

983円(内税)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Recommend

Category

Feeds

RSS - ATOM