【 なしくずしの死 下 (河出文庫)】 ルイ‐フェルディナン セリーヌ(著), 高坂 和彦(翻訳)

Category : BOOKS , 文学・詩


【内容】
“絶望のアナーキスト”から“反ユダヤ主義者・対独協力者・戦争犯罪人”まであらゆるセンセーショナルな肩書きを背負ったセリーヌは、呪われた作家だ。だがその絶望と怒りの底には、声なき弱者への限りない慈しみが光る。そして哀しみとユーモアも。生来負債として負わされている死を、なしくずしに支払っていくしかないと謳う、狂憤の書にして愛に満ちた救いの書。

+++++++++++++++++++

セリーヌ,ルイ‐フェルディナン
1894‐1961年。フランスの作家。
三八歳のとき出版した『夜の果てへの旅』が大反響を呼び、ゴンクール賞候補となった。常識を無視した大胆な文体破壊と狂憤に満ちた良俗侵犯は、第二次大戦中の彼の反ユダヤ主義への非難と逮捕によって一時葬られたが、亡命三部作を経て死後に再評価が高まった


***************
著者:ルイ‐フェルディナン セリーヌ
出版社:河出書房新社
判型:文庫版14.8 x 10.6 x 2 cm
頁数:503ページ
***************

型番 cbbs041
販売価格

1,512円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Recommend

Category

Feeds

RSS - ATOM